「自然食・長寿食」の記事一覧

鶏むね肉は抗疲労食材! 活性酸素を除去する「イミダペプチド」に抗疲労効果

お盆休み明けのオフィス。夏も後半戦を迎えると、いよいよ疲れが目立ってくる。特に女性は、冷房による冷えや、汗による肌のべたつきやあせも、紫外線による肌荒れ、夏バテ、暑さによる不眠と、あらゆる不調がどっと押し寄せてきて、肉体的にも精神的にも、疲れを感じていることだろう。 …続きを読む

鶏むね肉は抗疲労食材! 活性酸素を除去する「イミダペプチド」に抗疲労効果

アルツハイマー治療に可能性が! 緑茶と運動で認知機能が改善する?

認知症の約50 %を占め、男性よりも女性が罹りやすいといわれる「アルツハイマー型認知症」。それ以外のタイプ(脳血管性認知症など)の患者数が横ばいであるのに対し、年々増加傾向にあると報告されている。 現在、予防のための研究が世界で盛んに行われているなか、日本人に馴染み深…続きを読む

アルツハイマー治療に可能性が! 緑茶と運動で認知機能が改善する?

減塩は日本人の必修科目? 熱中症対策を言い訳にした過剰摂取はキケン!?

食塩摂取に関する見直しや法改正が、今年に入って相次いでいる。4月、厚生労働省の食事摂取基準が改定され、1日の食塩摂取の目標値が18歳以上の男性で9gから8gに、女性で7.5gから7g未満になった。 国は5年に一度、健康増進と生活習慣病予防のために、エネルギーや栄養量の…続きを読む

減塩は日本人の必修科目? 熱中症対策を言い訳にした過剰摂取はキケン!? 
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真