「自然食・長寿食」の記事一覧

「低塩生活」を実現! 「知る・分ける・計る」の3ステップで挫折しない

今年4月、厚生労働省は、1日の食塩摂取の目標値を18歳以上の男性で9gから8gに、女性で7.5gから7g未満に基準を改定した。日本人はこれまでの「減塩」から「より減塩」へのシフトを促されている。 「低塩生活」を習慣づけたいところだが、継続しなければ意味がない。そもそも…続きを読む

「低塩生活」を実現! 「知る・分ける・計る」の3ステップで挫折しない

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

春は1年のうちで最も爽やかで気持ちの良い季節。しかしその一方、日本では春の風に乗って花粉やPM2.5、黄砂などが飛散し、アレルギー体質の人にとってはつらい時期でもある。また、近年は大人だけでなく、子どものアレルギー患者も増加しているという。多くの親が副作用の心配がある処方薬…続きを読む

アレルギー症状を抑える7種類のハーブとは? 子供たちにオススメの自然代替療法

「地中海ダイエット」がテロメアの長さに影響! 死亡リスクへの効果判明

「地中海ダイエット」といえば、小児ぜんそくから心臓発作、糖尿病やアルツハイマー病のリスク減少まで、さまざまな効用が相次いで報告されている。今や世界中のトレンドとなっているのはご承知のとおり。 ダイエットといっても、一般的にイメージされる痩身ではなく、正確には健康を保つた…続きを読む

「地中海ダイエット」がテロメアの長さに影響! 死亡リスクへの効果判明
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆