高齢者ほど肉を食べるべき!? 70歳以上の5人に1人が「タンパク質不足」による栄養失調!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
doubutsuseitanpaku.jpg

高齢者はタンパク質を積極的に摂る必要があるshutterstock.com

 若いころは食欲旺盛で肉が大好きでも、高齢になると「年だから」「身体に負担がかかる」という理由で、肉料理を控えてしまう人は多い。

 実際、日本では、昭和53年に初めて栄養指導の指針が打ち出されて以来、「生活習慣病の主な原因は食の欧米化による肥満」として、肉の食べ過ぎや脂の摂りすぎを制限するように指導してきた。そのためか、「粗食こそ長寿の秘訣」というイメージが定着しているようだ。

 しかし、そうした認識にはどうやら問題があるらしい。先月、米国で報告された研究結果によると、高齢者は生活に必要な筋肉量と筋力を維持するために、タンパク質の豊富な食事が重要だという。

 これは米ヘブライ・シニアライフ加齢研究所(ボストン)のShivani Sahni氏らが米国立衛生研究所の資金援助を受けて実施した研究で、論文は『Journal of Nutrition』(オンライン版)に掲載されている。

動物性と植物性、筋肉量を増やすのはどちらのタンパク質?

 米国の代表的な疫学研究の一つに、「フラミンガム研究」と呼ばれるものがある。1940年代にスタートした長期の地域コホート研究だ。地域コホート研究とは、同じ地域に住む人を対象にした追跡調査研究のこと。食生活や血圧、血清脂質値などを調べたうえで、長期間にわたり健康状態の変化を追跡調査する。

 さらに1970年代からは、フラミンガム研究に当初参加した人の子どもを対象とした「フラミンガム子孫研究(Framingham Offspring Study)」も始まった。今回、Sahni氏らは、この「子孫研究」に参加した平均年齢60歳の男女2600人超のデータを収集。対象者のタンパク質摂取量と、下肢の脂肪を除いた筋肉量、及び大腿部の筋力を、1998~2001年にわたってさまざまな時点で測定した。

 その結果、筋肉量と筋力の維持には男性では1日約85g、女性では1日約75gのタンパク質が必要だとわかった。下肢の筋肉量が最も多かったのは、タンパク質の総摂取量と、動物性タンパクの摂取量が多かった人たちだった。

 一方、ナッツや豆類などの植物性タンパクは、男女ともに筋肉量とは関連していなかった。ただし、その摂取量が最も多い群は、最も少ない群に比べて大腿部の筋力が強かったという。

 「筋肉量と筋力は加齢に伴って失われていきます。筋肉量は50歳ごろから減り始め、筋力は50〜60歳で年間約1.5%、60歳以降は年間3%ずつ低下してしまいます。筋肉量と筋力を失うと、運動能力や日常活動能力に影響する」とSahni氏は指摘。全般的なタンパク質の重要性を強調し、高齢者は毎食食べるように勧めている。

60歳過ぎてからの粗食は低栄養のおそれ

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授。1986年、…

高橋現一郎