「スポーツ」の記事一覧

靭帯損傷していた羽生結弦選手の復帰時期は? 今後も再発の恐れはある!?

世界フィギュアスケート選手権2016を2年連続の2位で終えた羽生結弦選手(ANA)。日本スケート連盟は帰国日程の会見上、彼が「左足の甲靭帯損傷」を受傷していた事実を公表。帰国はせずに、練習拠点のカナダ・トロントで治療を受けるという報告を行なった。 じつは羽生選手、昨年…続きを読む

靭帯損傷していた羽生結弦選手の復帰時期は?  今後も再発の恐れはある!?

一時は引退も考えた琴奨菊が初優勝! 復活の影にブルース・リーも実践したトレーニング

日本出身力士による10年ぶりとなった悲願の優勝。自身にとっては新入幕から66場所(=歴代2位の遅い記録)での快挙を成しとげた大関の琴奨菊。 強さとやさしさが同居した人柄、取り組み前のルーティン“琴バウアー”、新妻との微笑ましいツーショット……。話題に事欠かない優勝劇に…続きを読む

一時は引退も考えた琴奨菊が初優勝! 復活の影にブルース・リーも実践したトレーニング

ロシアのドーピングは止まらない!? 巧妙に進化する手法と犯罪組織の介在

ロシアのドーピング問題が注目されている。オリンピックやワールドカップなど大きなスポーツ祭典があると、必ずといっていいほど取りざたされるのがこの話題だ。 禁止されている薬物の不正使用だろうと想像できるが、それがいったいどんな薬でどんな作用なのか、なぜ禁止されているのかなど…続きを読む

ロシアのドーピングは止まらない!? 巧妙に進化する手法と犯罪組織の介在
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇