スキー・ジャンプの葛西紀明選手、難病「再生不良性貧血」で逝った妹に捧げるギネス5冠

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
anemia.jpg

造血幹細胞が減少する再生不良性貧血 透流/PIXTA(ピクスタ)

 最愛の妹さんを亡くしたばかりのノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手(43)が、2つの新たな快挙でギネス世界記録の認定を決めた。

 W杯最年長優勝・冬季五輪7大会連続最多出場・冬季五輪スキージャンプ最年長メダリストの3冠に次ぎ、今回はW杯個人最多出場とノルディックスキー世界選手権ジャンプ部門最多出場のW認定で計5冠だ!

 1月19日に行なわれた実妹・前川久美子さん(享年38)の告別式翌日、「今日から僕はまた強くなっちゃいましたよ!」と気丈に、今後の残り試合への決意表明をブログで綴った葛西選手。

 久美子さんは16歳時に「再生不良性貧血」を患い、一時は臍帯血移植手術で回復したものの、入退院を繰り返す闘病生活を長く続けてきた。

16歳で余命5年を宣告された葛西選手の妹

 最近の久美子さんの容態について葛西選手は、「昨年の5月終わりに意識を無くして8カ月間が経ち、一度も意識を戻す事なく母親(幸子さん:1997年に火事で死去)の元へ旅立ってしまいました」と悼んで綴っている。「よくここまで生きてくれた」とも。

 この恐ろしさが伝播してくる再生不良性貧血は、骨髄中の血液を造る基の細胞(=造血幹細胞)が減少する。

 それに伴い、①身体を守る細胞の白血球、②酸素を臓器に送る赤血球、③出血を止める血小板、のいずれもが三つ巴で減少する病気だ。

 医学的には汎血球(はんけっきゅう)減少と呼ばれ、この状態が進んで①が減ると咳や発熱の感染症が、②が減ると動悸や息切れ、頭重感や顔色不良、あるいは疲れやすさに襲われる。

 さらに③の減少では痣が出来やすく、鼻や歯肉からの出血症状に見舞われる。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆