「スポーツ」の記事一覧

「柔道」での死亡事故は日本だけ! 米国では「非接触型」の格闘技を提言

12月29日と31日に、さいたまスーパーアリーナで開催され、大晦日にフジテレビ系で全国中継される格闘技イベント「RIZIN」。その対戦カードのひとつが波紋を呼んでいる。 それは11月26日に記者発表された女子のワンマッチ。「女子最強ではなく、人類最強」と称される186c…続きを読む

「柔道」での死亡事故は日本だけ! 米国では「非接触型」の格闘技を提言

「カッピング療法」には医学的根拠ある? 医学界でも意見が分かれる

リオ五輪の200メートル個人メドレーで四連覇という偉業を成し遂げたアメリカの競泳男子のマイケル・フェルプス選手。彼の右肩には大きな紫色のアザのような痕跡があった。これは、「カッピング(吸い玉)療法」と呼ばれる古代中国の医術の痕跡だ。彼に限らず、今回のリオ五輪では、カッピング…続きを読む

「カッピング療法」には医学的根拠ある? 医学界でも意見が分かれる

モハメド・アリさん急逝! パーキンソン病とも闘った〝ボクシング・レジェンド〟が残した名言

6月4日、米国NBCテレビは、プロボクシングの元ヘビー級王者モハメド・アリさんが3日、呼吸器系疾患で入院していたアリゾナ州フェニックスの病院で死去したと伝えた。74歳だった。 闘魂不屈のボクシング・レジェンド、74年の軌跡とはどんなものだったのか。 カシアス・マーセ…続きを読む

モハメド・アリさん急逝! パーキンソン病とも闘った〝ボクシング・レジェンド〟が残した名言
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇