AKB48渡辺麻友が主演の新ドラマに秋田県が抗議~「切り」落とした「たんぽ」とは!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AKB48渡辺麻友が主演の新ドラマに秋田県が抗議~「切り」落とした「たんぽ」とは!?の画像1

「ショッキングな愛の物語」は「タイトル未定」のまま!(元『サヨナラ、きりたんぽ』の番組HPより

 4月改編の連続ドラマに、当初、テレビ朝日が公表したタイトルは『サヨナラ、きりたんぽ』(日曜深夜0時40分~)というものだった。ところが、発表直後に改題を余儀なくされ、現在(3月13日時点)も番組HP上では「未定」となっている。

 それは初耳という方はいったい、その「消えたタイトル」から、どんな物語を連想なさるだろうか?――新年度を機にダイエットを英断したヒロイン(もしかしたら秋田出身とか!?)が、大好きな郷土料理との決別を誓う。もしや、食テロ活況の深夜枠に、敢えてアンチ系の脚本をぶつけたとか……。

 どちらの連想も不正解だ。「サヨナラ」は成敗劇の内容を示唆し、きりたんぽの「きり」は「切り」、「たんぽ」は暗に「男性器」の隠語的響きを込めているという。

 ソレってなんか、阿部定事件っぽくない!? 『愛のコリーダ』テレビ版!? 最近もそんな猟奇事件がなかったっけ……。世代によって反応はさまざまだろうが、どれも正解といえば正解だ。

 ちなみに、「きりたんぽ」の「たんぽ」とは「槍の刃の部分の鞘(さや)」のことで、棒に巻きつけた形がそれに似ていることから「たんぽ」と呼ばれ、鍋に入れる際に切って入れることから「切りたんぽ」とされたという。

秋田県観光戦略課の抗議に「タイトル変更」

 企画・原作:秋元康、主演:渡辺麻友(AKB48)のこの話題ドラマ。情報公開時の番組サイト上では、ヒロインが自分を裏切ったオトコの局部を切断するなどして「成敗」するという内容が紹介され、補足的に昭和11年に起きた激愛猟奇事件(通称・阿部定事件)にも言及していた。

 しかも、あの「まゆゆ」が男性器切断を……となれば、話題を集めるのは必至。いささかエグいというかグロいというか、本人も事務所もよく引き受けたものだ。そんな反応が大勢なのも、さもありなん。

 ところが、渡辺さん本人は意外にもノリノリでこんなコメントを寄せていた。「私が平成の阿部定?! いままで演じたことのない役柄です! 私自身も大きな挑戦となります」。

 快諾までの裏側はどうであれ、衝撃的内容も含むドラマ・ヒロインを引き受けた現役アイドルの公式見解としては、取り立てて問題化するものではない。

 だが、前掲の「タイトルそのもの」に物言いがついた。巷の尺度から見れば「それはそうだろう」と誰もが膝を叩くような抗議。タイトル公表後の3月7日、テレ朝側に口頭で抗議したのは、秋田県観光戦略課あきたびじょん室だった。

 『サヨナラ、きりたんぽ』のタイトルとその由来、ドラマの内容とヒントの源流が番組HPに掲載されて以降、それを読んだ県民を中心に「なんとも下品で不快極まりない」という異口同音の批判意見が県庁をはじめ、る鹿角市(きりたんぽ発祥の地)、大館市、北秋田市の市役所にも多く寄せられたのだ。

 これらの声々を背景に同室は「郷土料理のイメージダウンにつながる」と抗議し、テレ朝側からは「タイトルを変更する」という回答を当日中に得た。これが改題騒動の経緯だが、HP上では「連続ドラマ タイトル未定」の迷走状態が続き、出典に等しき「阿部定」云々も削除された。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛