イクメンも「パタハラ」被害! 父親の育児参加の推進は建前なのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
87540542_s-2015.jpg

イクメンにも「マタハラ」はらならぬ「パタハラ」が!(depositphotos.com)

 今回は、最近、新たに注目を集める「パタハラ」について解説したい。しかしその前に、世にはびこる「ハラスメント」の現状を認識しておいたほうがいいだろう。まずは、以下の設問に答えていただきたい。

▶︎設問1:男性被害も珍しくない「セクハラ」、SNS上でも繰り広げられる「パワハラ」、産休後も続く「マタハラ」――。それ以外の「○○○・ハラスメント」を2つ書きなさい。

 芸能好きの人ならば例の年の差夫妻の離婚理由といわれた「モラル」の3文字を、蕎麦のアノ啜る音が苦手という向きは昨今話題の「ヌードル」のカタカナを書き入れるかもしれない。が、さらにもうひとつ「○○○」を埋めなさいと問われた途端、全体の回答率はかなり下がってしまうのではなかろうか?

 4つ目がどうしても思い浮かばないという人は一旦あきらめて、次の問いに進んでみよう。

▶︎設問2:飲めないのに無理に飲まそうとするのが「アルハラ」ならば、嫌がるのに何とかマイクを握らせて歌わそうとしつこいのが「カラハラ」。では、俗に「KY」と略称され、空気を読まない言動で周囲の人間をイヤ~な思いにさせるのは「○○○・ハラスメント」は?

 答えは「エア(ー)ハラ」。

 こういう謎かけは酒席を盛り上げるのに格好かもしれないが、無回答で歯が立たない年長者がいたとしても、周囲が年寄扱いしたり妙に囃し立てれば、それは立派な「エイジ・ハラスメント」だ。

 全面禁煙の店舗では「スモハラ」の心配こそ霧散したものの、その日の巡り合わせで強烈な香水派や口臭派と臨席になれば「スメル・ハラスメント」の憂き目にあう。

渡る世間は「ハラスメント」ばかり

 さらに、仕切り下手なのに話題に困ると、血液型性格分析で座を盛り上げようとループしだすタイプは「ブラッドタイプ・ハラスメント」。ちなみに、日本、韓国、台湾など一部の国では「血液型性格分類」が存在するが、血液型と性格の関連性は科学的に否定されており、まったく根拠がない。

 こうした無邪気な受け狙いならばまだしも、ハイテク業界内で専門用語(隠語)を交わして付いてこれない人間をハチブ扱いすれば、それは「テクノロジー・ハラスメント」と呼ばれる。

 もっと人間関係が捻じれて、嫌がらせ手段に電子機器を持ち出し、盗撮はするわ、盗聴は仕掛けるわ、果ては害を与える電波照射など心身共に相手を追い詰めるような許しがたい行為は「エレハラ(エレクトロニック・ハラスメント)」と呼ばれて、似て非なる前掲の「テクハラ」とは区別されている。

 21世紀の世の中になっても、なにかと性差で価値判断を行なう「ジェンダー・ハラスメント」は一向に減らない。未婚者とみれば世話を焼きたがる「マリッジ・ハラスメント」、別名「ゼクシャル・ハラスメント」なオバハン(いけない、いけない、オバハラか!? )も後を絶たない。

 往診の度に患者の病がむしろ悪化するような無神経医師の「ドクター・ハラスメント」も意外とあれば、同じパワハラでも教育機関で権威ある教授陣が職員や学生に嫌がらせをすれば「アカデミック・ハラスメント」「スクール・ハラスメント」と称される。

 耳なれない「オワハラ」の意味を調べてみれば、就活中の学生に対して「早期内定」の取引条件よろしく他社廻りを咎めたり、半ば強制的に他の内定辞退をほのめかしたり……。つまり「就活終ワレ(終ワラセナサイ)」と悪魔の囁きを呟くからオワハラなんだとか。

 そんなこんなで採用した人材を、数年後には自主退職に追い込む「リスハラ」対象にでもしていたら、それこそ笑うに笑えない。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘