彼氏のいる女性の44%が「デートDV」に!中高生では男子が被害者?急増する非交際率との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛経験がある女性の44%が「デートDV」に!中高生では男子のほうが被害者!?急増する非交際率との関係は?の画像1

デートDVと非交際率の増加に因果関係は?(depositphotos.com)

 3月13日、毎日新聞に「デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査」というタイトルの記事が掲載された。デートDV(ドメスティックバイオレンス)とは、恋人間のDV、つまり暴力のことだ。ここには恋人からの監視や干渉なども含まれている。

 調査は2016年10〜12月、NPO法人エンパワメントかながわ、ガールスカウト日本連盟などが、1都10県の中高大学生の男女約2800人を対象に、交際経験の有無やデートDVの経験について実施したものだ。

 有効回答は2122人(女性1321人、男性801人)、そのうちデートDVについての設問は「交際経験あり」と答えた者だけになされた。設問はすべてで30項目。行動の制限、精神的暴力、経済的暴力、身体的暴力、性的暴力と分類されていた。

深刻な女性被害報告

 調査を行なったエンパワメントかながわ・阿部真紀理事長によると、交際経験ありと答えたのは全体の62.6%(女67.7%、男54.3%)。ここでいう「交際」とは、メールのみのやりとりも含むとのことだ。

 デートDVについて「交際経験あり」と回答した女性のうち。44%が「経験あり」と回答した。その中の1割は「裸や性行為の写真を要求する」などという深刻な被害を被ったという。また「避妊に協力してくれず妊娠した」「殴る蹴る」「裸にされ外に出された」という回答もあった。

 上記記事のタイトルや被害例からは、女性のみに被害があるような誤解を抱かせかねない。しかし、記事中には、26.7%の男性が被害ありと回答していることから、男性の被害報告もまた、少なくないことがわかる。

デートDVは男性被害者の方が多い?

 一方、2016年2月7日の毎日新聞には「デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上」という調査に関する記事も掲載された。

 この調査は大阪府の高校生グループが2015年9〜11月に実施したもので、約1000人の中高生が対象となっている。それによると、「暴言や暴力を受けて傷ついた」と回答する男子が3割以上にのぼる。一方、女子は12%。交際相手に「暴言が嫌と言えない」としたのも男子は30%、女子は22%となっていた。

 暴力の被害に性別は関係ない。デートDVに関してなされた2つの調査結果から、その被害の実情が垣間見える。

<和温療法>は医療の基本 女性の更年期障害・不定愁訴を大幅に改善
インタビュー「性差医療をめぐって」第3回 静風荘病院・天野恵子医師

「性差医療」のパイオニアである天野恵子医師(静風荘病院・埼玉県新座市)へのインタビュー第3回は、現在、天野医師が最も注目している療法のひとつである「和温療法」について伺う。
第1回<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!
第2回 全国の「女性外来」の共通のモットーは「紹介状は不要」「症状は問わない」「初診に30分かける」」

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛