彼氏のいる女性の44%が「デートDV」に!中高生では男子が被害者?急増する非交際率との関係は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
恋愛経験がある女性の44%が「デートDV」に!中高生では男子のほうが被害者!?急増する非交際率との関係は?の画像1

デートDVと非交際率の増加に因果関係は?(depositphotos.com)

 3月13日、毎日新聞に「デートDV 経験10代女性の44% NPO広域調査」というタイトルの記事が掲載された。デートDV(ドメスティックバイオレンス)とは、恋人間のDV、つまり暴力のことだ。ここには恋人からの監視や干渉なども含まれている。

 調査は2016年10〜12月、NPO法人エンパワメントかながわ、ガールスカウト日本連盟などが、1都10県の中高大学生の男女約2800人を対象に、交際経験の有無やデートDVの経験について実施したものだ。

 有効回答は2122人(女性1321人、男性801人)、そのうちデートDVについての設問は「交際経験あり」と答えた者だけになされた。設問はすべてで30項目。行動の制限、精神的暴力、経済的暴力、身体的暴力、性的暴力と分類されていた。

深刻な女性被害報告

 調査を行なったエンパワメントかながわ・阿部真紀理事長によると、交際経験ありと答えたのは全体の62.6%(女67.7%、男54.3%)。ここでいう「交際」とは、メールのみのやりとりも含むとのことだ。

 デートDVについて「交際経験あり」と回答した女性のうち。44%が「経験あり」と回答した。その中の1割は「裸や性行為の写真を要求する」などという深刻な被害を被ったという。また「避妊に協力してくれず妊娠した」「殴る蹴る」「裸にされ外に出された」という回答もあった。

 上記記事のタイトルや被害例からは、女性のみに被害があるような誤解を抱かせかねない。しかし、記事中には、26.7%の男性が被害ありと回答していることから、男性の被害報告もまた、少なくないことがわかる。

デートDVは男性被害者の方が多い?

 一方、2016年2月7日の毎日新聞には「デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上」という調査に関する記事も掲載された。

 この調査は大阪府の高校生グループが2015年9〜11月に実施したもので、約1000人の中高生が対象となっている。それによると、「暴言や暴力を受けて傷ついた」と回答する男子が3割以上にのぼる。一方、女子は12%。交際相手に「暴言が嫌と言えない」としたのも男子は30%、女子は22%となっていた。

 暴力の被害に性別は関係ない。デートDVに関してなされた2つの調査結果から、その被害の実情が垣間見える。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真