>  >  > 【マンガ連載】ボッタクリ産婦人科&モンスター・ナース!
マンガ連載「病院でこんなことがおきている!」第4回

【マンガ連載】ナースの内部告発!患者を選り好みするボッタクリ産婦人科医&医療ミスも笑って受け流すモンスター・ナース!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
manga04.jpg

いい加減なナースのミスで、あわや医療事故に!

 「知らぬが仏」という諺(ことわざ)があるが、今回は「知らぬは患者ばかりなり」の医療過誤の実態をナースたちが赤裸々に内部告発!ヒヤリハットから確信犯まで何でもこざれ。

 医療倫理なんて微塵も感じられない「カネ儲け主義」の産婦人科医は、患者に気づかれないよう薬を変えて。高い薬代を不正請求!

 飲み薬を患者に注射したり、薬のオーダーを出し間違えたり、そんな医療ミスを連発しても、まったく意に介さずのモンスター・ナース。そんなナースにいたら、いつ医療事故が起きてニュース沙汰になっても不思議じゃない!

 「この病院、すくにでも辞めなくては!」というナースたちの気持ち、とてももよくわかる……。 
 
 元ナースで人気漫画化の安斎かなえさんが描く、病院で起きている不条理・恐怖・呆然のリアルストーリー第4弾。実際に医療現場を知っているからこそ描ける、リアルでツボをついた、笑うに笑えない医療漫画シリーズからの傑作選をお楽しみあれ!

ホルモン剤の代わりに生理食塩水を注射!ブドウ糖液の代わりに高価な点滴!

NursenoNaibukokuhatu_01.jpeg

NursenoNaibukokuhatu_02.jpg

NursenoNaibukokuhatu_03.jpg

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘