厚労省が電通ら334社の「ブラック企業」を公表! 我々がリスト開示を活かすには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
厚労省が電通ら334社の「ブラック企業」を公表! 我々がリスト開示を活かすには?の画像1

厚労省が「ブラック企業」の公表を本格スタート!(depositphotos.com)

 労働現場をむしばむブラック企業の問題をめぐっては、これまでも長きにわたりさまざまな対策が講じられてきた。

 悪質な企業に対して、国も手をこまねいていたわけではなかったが、いまいち悪質事例の根絶に向かっている実感がなかったのは、施作の内容は立派でも、やや具体性に欠け、目に見えない効果に止まっていたからかもしれない。

 だが、ついに国もブラック企業の撲滅に向けて、本腰を上げてきたというべきか――。

厚生労働省が法令違反のブラック企業をネット上で公表

 5月10日、厚生労働省はついに、長時間労働や賃金不払いなど労働関係法令に違反した疑いで送検された企業のリストを、ネット上で公表することを始めた。これにより、真に働きやすい労働環境の実現が近づいてくるのだろうか。

 今回公表されたリストは、2016年10月〜2017年3月の間に送検された334件の事例をまとめたもの。従来は47都道府県にある労働局のホームページに載せてきたが、報道発表で社名を明らかにしたのにホームページでは伏せた事例もあったほか、掲載期間もまちまちで統一基準がなかった。

 今回のリストは、都道府県ごとに設けられている厚生労働省の地方支分部局のひとつである労働局の管轄ごとに分けられていて、各企業毎に、公表日と違反した法律、違反した事案の内容、送検の日時が明記されている。

 以下のサイトの「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というリンク先で見ることができる。

▶︎「労働基準関係法令違反に係る公表事案 」http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/dl/170510-01.pdf

電通の違法な時間外労働は本当に2名だけ?

 具体的なリストの内容を見てみよう――。

 聞き覚えのない企業が多いが、東京労働局のリストのなかには、あの電通の名前もある。電通の記載項目は以下の通りだ(以下、企業・事業場名称/所在地/公表日/違反法条/事案概要/その他参考事項)。

▶︎(株)電通/東京都港区/H28.12.28/労働基準法第32条/労働者2名に、36協定の延長時間を超える違法な時間外労働を行なわせたもの/H28.12.28送検

 高橋まつりさんの過労自殺をきっかけとして、労働環境の見直しや制度の再構築が行なわれつつあることは周知の通り。

 だが、「取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……」などの「鬼十則」という企業哲学のもと深夜労働が常態化していた同社だけに、違法な時間外労働を行なっていたのが本当に2名だけだったのかは疑問が残る。

 具体的に立証、送検できたのがその2名だったということかもしれないが、「鬼十則」も同社の手帳か削除されることが決まったいま、こうして労働局に名指しまでされたことも、企業風土の改善につながっていくかもしれない。

 その他の企業と送検理由には、たとえば次のようなものがあがっている。

主な違反事由は「違法な長時間労働」「賃金の不払い」「安全対策の不備」

▶︎首都高メンテナンス東東京(株)/東京都中央区/H28.12.27/労働安全衛生法第30条/労働安全衛生規則第637条/特定元方事業者(元請)として、作業日ごとに少なくとも1回、作業場所の巡視を行なっていなかったもの/H28.12.27送検

▶︎(株)伸光舎/東京都八王子市/H29.1.25/最低賃金法第4条/知的障害のある労働者3名に、東京都最低賃金を下回る賃金しか支払わなかったもの/H29.1.25送検

▶︎(株)博仙/東京都中野区/H29.2.10/最低賃金法第4条/介護労働者3名に、1か月間の定期賃金を全額支払わなかったもの/H29.2.10送検

▶︎(株)丸建興業/東京都杉並区/H29.2.15/労働安全衛生法第20条/クレーン等安全規則第74条の2/移動式クレーンで作業を行なうに当たり、ワイヤロープで1箇所に玉掛けした荷の下に労働者を立ち入らせたもの/H29.2.15送検

 こうして見ると、「違法な長時間労働」「賃金の不払い」「安全対策の不備」といったところが主な違反事由のようだ。

 これらはたまたま発覚したから適切な処分がなされたものの、表沙汰になっているのは氷山の一角で、実際の労働現場ではもっと悪質な事例が明るみにでないまま横行していることも多いに違いない。

 だが、このように悪質事例が公表される仕組みが整ったこと自体は、歓迎すべきことだ。なにしろ、これまでは報道機関に資料を配布するだけの労働局が大半で、先述のように、多くの都道府県では、ホームページによる公表の仕組みは整っていなかった。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
若いうちのEDは動脈硬化注意のサイン~不妊の原因の半分は男性である!
インタビュー「目指せフサフサピンピン!男性専門クリニック」第3回・メンズヘルスクリニック東京・小林一広院長

テストステロン(男性ホルモン)の存在に着眼し、AGA(男性型脱毛症)治療、男性皮膚治療、男性更年期、前立腺がんのサポート、男性不妊など、男性の外見や内面の健康に関わる様々な治療を独自の視点から行うメンズヘルスクリニック東京(東京・丸ノ内)の小林一広院長。第3回目は「男性妊活・男性力」について。
第1回AGA治療はコスパが重要~薄毛の悩みを抱える人は1200万人
第2回男性6人に1人が「隠れ更年期障害」! 更年期障害は女性だけの病気じゃない!!

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘