国連が発表した日本の「主観的幸福度」は世界51位! 1位ノルウェイと何が違うのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
国連が発表した日本の「主観的幸福度」は世界51位! 1位ノルウェイと何が違うのか?の画像1

幸せの感じ方は人それぞれ!?(depositphotos.com)

 「国際幸福デー」の3月20日、国連の「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」は、国別の「世界幸福度ランキング2017」を発表した(「サステナブルジャパン」2017年4月4日)。

 「世界幸福度ランキング2017」は、マーケティングリサーチ会社のギャラップが2014~2016年の3年間に、各国のおよそ約3,000名を対象に行ったアンケート調査「Gallup World Poll」のうち、「ウェルビーイング(身体的・精神的・社会的に良好な状態)」に関する回答に基づいて、SDSNが主観的幸福度の統計分析を行ったものである。

 国連が世界幸福度を「ウェルビーング」という国民の主観によって評価するのは、GDPなどの客観的な経済的指標ではなく、人間の心理的な主観的幸福度こそが重要と判断するからだ。具体的には、アンケート調査の質問の中で、人生に「幸せ」を感じる度合いと「不幸せ」を感じる度合いを6指標によって分析しているのが特徴だ。6指標とは以下の通りである。

①1人当たり実質国内総生産(GDP)
②社会的支援の有無(困った時、いつでも助けてくれる親族や友人がいるか?)
③健康寿命(健康を最優先しているか?)」
④人生選択の自由度(自分の生き方を自由に選択し、満足しているか?)
⑤寛容さ(過去1ヶ月間に慈善事業に寄付した金額はいくらか?)
⑥汚職(政府やビジネス界の汚職はないか?)

日本は幸福な国か? 主観的幸福度51位、G7の最下位、OECD加盟35ヵ国の27番目

 今回は、特に職場での幸福度にも着目し、収入、雇用形態、職種、業種の他、仕事とプライベートのバランス、仕事内容、自主性の有無などが幸福度に与える影響を分析。精神疾患や心の病が不幸の最大の原因になると指摘している。

 では、幸福度ランキングトップ10を見よう――。第1位のノルウェイの後、デンマーク、アイスランド、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンと続く。ESG(環境・社会・ガバナンス)投資に意欲的な国が多い。

 さて、日本だが、ロシア(49位)より低い51位。しかもG7の最下位、OECD加盟35ヵ国の27番目。かつては、「Japan as Number One」などと担がれた時代もあったが、経済感覚や生活意識から見れば、日本は幸福な国ではないと実感せざるを得ないのだろうか?

 ちなみに、米国は14位、ドイツは16位、英国は19位、シンガポールは26位、フランスは31位、タイは32位、台湾は33位、スペインは34位、イタリアは48位、中国は79位、インドは122位、そして最下位は中央アフリカ共和国だ。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

市民のためのがん治療の会代表。舌がん治療による体…

會田昭一郎

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛