肉体を溶かし人間をゾンビ化、最悪の危険ドラッグ「クロコダイル」が日本上陸!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_inddead001.jpg

『インド・オブ・ザ・デッド』 2013/インド/カラー/107分/シネスコ/ヒンディー語 監督:ラージ・ニディモールー&クリシュナDK 出演:サイフ・アリー・カーン/クナール・ケームー/ヴィール・ダース                  /プージャー・グプタ―/アーナンド・ティワリー 原題:GO GOA GONE 配給:オデッサ・エンタテインメント 宣伝協力:マジックアワー © Eros International Ltd 2013 公式サイト:http://www.odessa-e.co.jp/india-of-the-dead 4月4日からシネ・リーブル梅田にてレイトショー

 "クロコダイル"(正式名称:デソモルヒネ)と呼ばれる極めて危険な合成麻薬がロシアで爆発的に広がっている。もともとロシアは世界最大の麻薬消費国と言われ、アフガニスタンなどから流入するヘロインが中心だったが、クロコダイルはそれを上回る勢いで拡大しているとされる。

 昨年11月には、ロシア紙「ノーヴィエ・イズヴェスチヤ」のインターネット版記事で、過去2年間に国内各地で新たに麻薬中毒患者となった者の90%がクロコダイルの常習者だとする統計を明らかにしている。

 このクロコダイルは、依存性や副作用が極めて強く、症状が進行すると、血管や皮膚がむしばまれ手足に壊疽が生じるなど、まさにゾンビのようになってしまう。皮膚がワニのように緑や黒に変色することが名前の由来だ。

 日本中毒学会評議員の横山隆医師は次のように説明する。
「本来、デソモルヒネは米国で開発されたモルヒネの10倍の鎮痛作用を有する薬剤だが、ロシアでは医師の処方箋がなくても極めて安価で購入できる風邪薬コデインに、ガソリンやヨードを添加するなどして、化学的知識のない素人にも簡単に密造可能な合成麻薬が話題となっている。以前にマリファナやヘロインを使用していた中毒患者が、普通のアパートなどでデソモルヒネを密造して注射することがあるが、マリファナなどの使用経験のない若者が初めてデソモルヒネを使用した例も多く認められる」

インド初のゾンビコメディーのモデルはクロコダイル!?

 最近このクロコダイルを題材にしたとしか思えない映画が封切られて話題になっている。インド映画『インド・オブ・ザ・デッド』がそれだ。

 土葬の習慣がないインドでは、欧米ほどゾンビは身近な存在ではない。そのため、年間1000本以上作られるインド映画でも、この作品が初のゾンビコメディーとなるようだ。残虐なゾンビの襲撃を受けながらも、ゆるくて能天気な雰囲気が漂うサバイバル劇だが、実は、舞台となったリゾート地ゴアでは、近年ロシアのマフィアによるドラッグ売買が横行して問題となっているのだ。

 ストーリの方は、失恋したラヴ、失業したハルディク、彼らに巻き込まれた真面目なバニーの仲良し3人組は、ヒッピーの聖地・ゴアの離島でレイヴパーティーに参加する。その翌日、島ではゾンビが大量発生していた。原因はパーティーでロシアンマフィアが売りさばいていた新作ドラッグ。これを口に入れると脳の一部を除き、全身の機能が停止してゾンビ化するのだ。お金がなくてドラッグを買えなかった3人は、美女ルナ、インド人ロシアンマフィア(!)のボリスとともに、ゲームで鍛えた射撃能力を使って島からの脱出を試みる、というもの。

 横山医師によれば、デソモルヒネはヘロインに似た多幸感が得られるが、一度使用しただけでも依存症となってしまう強力な作用を持つ。注射部位の血流が滞り、ワニの皮のような外観となり、ついには皮膚、筋肉が壊死を起こし、四肢の切断を余儀なくされることが多数認められるという。

 ロシアのアナトリー・ベレストフ医師は「ヘロイン常習者は離脱、治癒する可能性もあり、6~7年は生存できるが、デソモルヒネは使用して最長で2年の命でしかない。一度使用しただけで死に至る麻薬である」と警告しているという。
 
 薬物政策研究の学術誌「International Journal of Drug Policy」によると、2011年に"クロコダイル"を使用した人数は、ロシアで推定10万人、ウクライナで2万人だったという。日本での症例報告は未だにないが、近年ドイツを中心としてヨーロッパ各地に拡散する傾向が認められ、アメリカでは数年前からデソモルヒネ中毒の疑いのある患者が報告されている。

 はたして本当にクロコダイルの日本上陸はないのか? アメリカの人気テレビドラマ『ウォーキング・デッド』が絵空事ではなくなってきた。
(文=編集部)

『インド・オブ・ザ・デッド』
2013/インド/カラー/107分/シネスコ/ヒンディー語
監督:ラージ・ニディモールー&クリシュナDK
出演:サイフ・アリー・カーン/クナール・ケームー/ヴィール・ダース                  /プージャー・グプタ―/アーナンド・ティワリー
原題:GO GOA GONE
配給:オデッサ・エンタテインメント
宣伝協力:マジックアワー
© Eros International Ltd 2013
公式サイト:http://www.odessa-e.co.jp/india-of-the-dead
4月4日からシネ・リーブル梅田にてレイトショー

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫
部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。