「2015年3月」の記事一覧

メンタルヘルスにも活用される無害で副作用もない天然ハーブの「アダプトゲン」が人気

がん、脳血管疾患、虚血性心疾患、糖尿病は、これまで「四疾病」として重点的に対策が講じられてきた病気だ。2013年に施行された改正医療法では、そこに精神疾患が加えられ、新たに「五疾病」として対策が講じられることになった。 現在、精神疾患の患者数は320万人を超える。企業で…続きを読む

メンタルヘルスにも活用される無害で副作用もない天然ハーブの「アダプトゲン」が人気

中年の1日2杯以上の飲酒は、高血圧や糖尿病よりも脳卒中の危険を高める!

今日はやめておこう、と思ってもつい飲んでしまう。軽く一杯では終わらず、深酒をしやすい――。お酒飲好き人間にはよくある話だが、特に中年層のこうした飲酒習慣は非常に危険らしい。 先ごろ米国心臓協会(AHA)発行の「Stroke」オンライン版に掲載された論文によると、50歳以…続きを読む

中年の1日2杯以上の飲酒は、高血圧や糖尿病よりも脳卒中の危険を高める!

カラダを騙すのが治療! 肥満化する人類を救う新薬を発見か?

世間では、「騙す」ということは一般的によろしくないこととだとされる。だが、「騙す」の側面には少し違う意味もある。 「むずかる子どもを騙しすかして病院に連れて行く」という場合は、なだめることだし、「痛めた膝で騙し騙し歩く」といえば、様子を見ながら何とか使いこなすというこ…続きを読む

カラダを騙すのが治療! 肥満化する人類を救う新薬を発見か?
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛