「胃腸/肛門」の記事一覧

中井美穂さんが明かす「人工肛門」経験~オストメイトへの理解を広げる初告白

フリーアナウンサー・中井美穂さん(50)が唐突に明かした「人工肛門」経験が、黒柳徹子さんを驚かせた。中井さんは2003年頃、1年間人工肛門で生活していたという。 「腸が破れる病気(腸膜炎)になりまして、その処置として、腸の傷んだ部分を切って繋げるのですが、大事を取って…続きを読む

中井美穂さんが明かす「人工肛門」経験~オストメイトへの理解を広げる初告白

重大な胃腸疾患は「げっぷ」で判明! 少しでも自覚や不快感があれば受診を

下(しも)から出れば「おなら」、上(かみ)から出れば「げっぷ」。おならも、げっぷも、確かに下世話な話題。だが、マナー違反の下品な行為なのは五十歩百歩かもしれないが、自然な生理現象なのだ。今回は、そもそも、げっぷとは何か? なぜ出るのか? 何を注意したらいいのか? を科学的に…続きを読む

重大な胃腸疾患は「げっぷ」で判明! 少しでも自覚や不快感があれば受診を

腸が「第2の脳」と呼ばれる理由は? 目には見えない「脳腸相関」のメカニズム

腹が立つ、腹黒い、太っ腹、腹の探り合い、腹に一物あり......。 腹(腸)と心(脳)の機微を表す言葉が実に多い。現代では、脳と腸の類似性や共通性はかなり解明されているが、先人たちは脳と腸がつながっていることを経験的に知っていたのだろうか。脳と腸はつながっている!…続きを読む

腸が「第2の脳」と呼ばれる理由は? 目には見えない「脳腸相関」のメカニズム
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志