「胃腸/肛門」の記事一覧

【閲覧注意】原因不明の「クローン病」に侵された腸! 国内に4万人以上の患者

クローン病は、口から肛門までのすべての消化管(全長約6m)に慢性肉芽腫性炎症を生じる“原因不明”の疾患だ。 厚生労働省は、クローン病を特定疾患に指定。とりわけ、終末回腸(回腸末端から盲腸にかけての回盲部)が好発部位だが、大腸に発生するクローン病も稀でない。「潰瘍性大腸…続きを読む

【閲覧注意】原因不明の「クローン病」に侵された腸! 国内に4万人以上の患者

中井美穂さんが明かす「人工肛門」経験~オストメイトへの理解を広げる初告白

フリーアナウンサー・中井美穂さん(50)が唐突に明かした「人工肛門」経験が、黒柳徹子さんを驚かせた。中井さんは2003年頃、1年間人工肛門で生活していたという。 「腸が破れる病気(腸膜炎)になりまして、その処置として、腸の傷んだ部分を切って繋げるのですが、大事を取って…続きを読む

中井美穂さんが明かす「人工肛門」経験~オストメイトへの理解を広げる初告白

なぜ「おなら」は臭い? 我慢し続けるとどうなる? 放屁の速度は時速約12キロ!

「人間は考える葦である」と言ったのはブレーズ・パスカルだが、「人間は、しょせん一本の管である」と言い放ったのは誰か? 作家の山口瞳だ。雑誌『週刊文春』に連載していた「山口瞳のマジメ相談室」の1967年7月10日号の記事を見ると、25歳の主婦から切実な相談が寄せられる。山口が…続きを読む

なぜ「おなら」は臭い? 我慢し続けるとどうなる? 放屁の速度は時速約12キロ!
美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆