「胃腸/肛門」の記事一覧

尊厳死のあり方に一石を投じた昭和天皇の最期――がん告知や延命処置は適切だったか?

1945年(昭和20年)8月15日、正午。蝉しぐれが降り注ぐ炎天下。誰もが身を固くして、うやうやしく頭を垂れていた。昭和天皇の玉音放送(終戦の詔勅)が、ラジオから訥々(とつとつ)と流れる。 「朕ハ時運ノ趨ク所堪ヘ難キヲ堪ヘ忍ヒ難キヲ忍ヒ以テ萬世ノ爲ニ太平ヲ開カムト欲ス」…続きを読む

尊厳死のあり方に一石を投じた昭和天皇の最期――がん告知や延命処置は適切だったか?

排便記録アプリ「うんコレ」も開発! エンジニアやデザイナーが立ち上げた「日本うんこ学会」とは?

日本うんこ学会......? ウ〜ン......? 初耳の人が多いかもしれない。日本うんこ学会のHPを見ると、その理念をはっきりと高らかに唱っている。①正しいうんこの知識を普及させ、大腸の健康度の向上をめざす。②「先生、うんこに行ってきます!」が自然と言える社…続きを読む

排便記録アプリ「うんコレ」も開発! エンジニアやデザイナーが立ち上げた「日本うんこ学会」とは?

大腸がん、生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維を、人類は紀元前6000年から食べていた!

大腸がんや生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維。人類は、いつ頃から食物繊維を食べていたのだろう? そのルーツをたどると、紀元前6000~4000年頃に小麦の栽培が始まったメソポタミア河流域に行き着く。古代の人たちが食べていたのは、小麦や大麦を粉に砕き、水を加えて…続きを読む

大腸がん、生活習慣病の予防、ダイエットに欠かせない食物繊維を、人類は紀元前6000年から食べていた!
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太