「胃腸/肛門」の記事一覧

健康維持の秘訣は「腸内フローラ」のバランス! 大腸がんや糖尿病の予防にも大活躍

腸内細菌は、絶えず増殖を繰り返しながら、腸内に夥しい細菌が競合し合い、複雑な生態系を形づくっている。この腸内細菌の集まりが腸内フローラ(腸内細菌叢)だ。ヒトと腸内フローラは、持ちつ持たれつの共生生活を送っている。双方が共存しているのは深いワケがある。 腸内細菌とっては、…続きを読む

健康維持の秘訣は「腸内フローラ」のバランス! 大腸がんや糖尿病の予防にも大活躍

なんと20人に1人以上が苦しんでいる! 女性が便秘になりやすい理由とは?

なぜ女性は便秘にかかりりやすいのか?shutterstock.com 今回は大腸がん予防のポイントとなる、便秘のメカニズムについて説明しよう。 厚労省の平成22年国民生活基礎調査によれば、便秘で悩む人は人口1000人当たり男性24.7人、女性50.6人。若い世代では女…続きを読む

なんと20人に1人以上が苦しんでいる! 女性が便秘になりやすい理由とは?

まったく痛くない大腸内視鏡検査「水浸法」、国内外で実践する医師も増加中!

新宿大腸クリニック・後藤利夫院長の内視鏡検査は痛くない。だから、鎮静剤を打つ必要がない。さらに、多くの場合3分以内には、肛門から入れたスコープが一番奥の腸まで到達するという早技だ。当然、検査を受ける人の負担は少ない。 大腸にスコープを挿入すると最終的には数字の「7」のよ…続きを読む

まったく痛くない大腸内視鏡検査「水浸法」、国内外で実践する医師も増加中!
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛