シリーズ「これが病気の“正体”!」第3回

【閲覧注意】原因不明の「クローン病」に侵された腸! 国内に4万人以上の患者

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
crohn1.jpg

「クローン病」に侵された腸

 クローン病は、口から肛門までのすべての消化管(全長約6m)に慢性肉芽腫性炎症を生じる“原因不明”の疾患だ。

 厚生労働省は、クローン病を特定疾患に指定。とりわけ、終末回腸(回腸末端から盲腸にかけての回盲部)が好発部位だが、大腸に発生するクローン病も稀でない。「潰瘍性大腸炎」とともに「炎症性腸疾患」(IBD:Inflammatory bowel disease)に分類される。

 発症は10代後半から20代の若年層に多く見られ、国内での罹患者数は4万人以上。およそ2:1で男性が多い。致死的でないうえに、簡単に治癒しない病気なので、患者の高齢化が進んでいる。

 腸管の壁の全層にわたって炎症が生じる結果、腸管の狭窄や腸管同士の癒着・瘻孔(トンネルのようにつながること)が生じやすく、腸に穴が空いて緊急手術を要する場合も生じる。

 掲載したのは、定型的なクローン病(終末回腸炎)の肉眼像である。回腸末端部に縦に走る潰瘍(縦走潰瘍)がみられ、病変が多発している。

 クローン病は、潰瘍性大腸炎と違って病変が腸管の一部に限られるため、手術適応になる例が多い。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘