シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第4回

冬場の「下痢」トラブルを24%が経験〜男性は酒の飲み過ぎ、女性は冷えに要注意!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
11052-2.jpg

下痢の原因は30%が「冷え」(shutterstock.com)

 底冷えが厳しい。血流が悪いので、足腰がじんじん冷える。老いも若きも、男も女も懐具合もお構いなく、情け容赦なく襲ってくる冬場の「ゆるハラ」! 実に疎ましく、憎らしく、悩ましい!

 腹に据えかねてネットサーフィンしていたら、心腹(しんぷく)に落ちるデータに行き当たって腑に落ちた。「ラッパのマークの正露丸」の大幸薬品が「日本人のお腹のトラブル」に関する調査を実施している。

 15~69歳の男女1200人を対象に、2015年3月24日~3月26日に行なった調査によれば、冬に下痢になることが「よくある」または「時々ある」と答えた人は24%(288人)。春16%、夏23%、秋16%を上回っている。

 冬のお腹のトラブルを経験したことがある693人に、下痢の原因を聞いたところ、冷え30%、風邪21%、ストレスや緊張20%、食べ過ぎ20%、酒の飲み過ぎ13%と出た。

 男性は、酒の飲み過ぎが多く、30代、50代、60代でトップ。女性は、冷えが50代を除くすべての年代でトップ。10~40代では、およそ4割とずば抜けて高い。どのデータも、ナルホドの数字だ。

「ゆるハラ」は、忘年会・新年会、スキー、初詣、クリスマスに起きやすい

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆