シリーズ「頻尿と頻便と頻脈のサイエンス」第3回

いいウンコは健康を育てる! 1日4回以上の頻便の人には便失禁のリスクが

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
63822-2.jpg

1日4回以上なら頻便/shutterstock

 尸(しかばね)に水なら尿(にょう)、尸に米なら屎(くそ)――。屎のルーツは古く、『日本書紀』に「臭し、腐る」とある。「くそまる(排便する)、ゆまる(排尿する)」から「おまる」になり、「まる、ばる」から「ばりかぶる(排便する)、ばば」となる。

 食べ物がウンコ(便)になるまでの消化・吸収・排出の仕組みをおさらいしよう。

 口で噛み砕かれた食べ物は、唾液(1000~1500㎖)とともに食道を通り、胃で胃液(1500~2000㎖)と混ざり合って粥状になる。その後、十二指腸で膵液と胆汁が加わり、小腸へ向かう(2.5〜5時間)。小腸で小腸液が加わり、消化物のおよそ90%の水分が吸収され、同時にタンパク質はアミノ酸、炭水化物はブドウ糖、脂肪は脂肪酸に分解・吸収され、大腸へ向かう(5~8時間)。

 大腸は、小腸で消化・吸収されなかった食物繊維を腸内細菌の力で発酵・分解しながら、水分やナトリウムなどの電解質を吸収し、液状や固形状の便を形成する(15~20時間)。大腸に長く留まる時間が長いほど水分の吸収が進むため、硬い便になる。便秘なら3~4日から1週間も便が滞留する場合がある。固形状の便は、下行結腸からS状結腸に押し進み、肛門から排出される。

1日3回~週3回は正常、1日4回以上なら頻便!

 理想的で正常ないいウンコ(便)は、どのような状態なのか?

 第1は、適切な排便量。1回の排便量は、男性35~450g、女性5~335g。食物繊維を多く食べている人ほど、便の量が多い。1日平均排便量は、日本人は200g、肉食が多い欧米人は100g、食物繊維の摂取が多いウガンダ人は500gだが、個人差が大きい。

 第2は、適切な硬さ。便の性状をチェックするブリストルスケールによれば、大腸での滞留時間が長くなり、水分が吸収されてカチカチに硬くなったのがタイプ1。逆に、おしりがただれるような液状便はタイプ7。70~80%の水分を含むタイプ3~5が正常な便だ。

 第3は、適切な回数。頻便や腹部膨満などのトラブルが少ない1日3回~週3回の範囲が正常だ。1日4回以上にならタイプ6や7の下痢便になり、週2回以下にならカチカチに硬くなり、出しづらくなる。

頻便は便失禁を起こすリスクを高める!

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫