「皮膚」の記事一覧

女性はサンダルからブーツに替わる秋の「水虫」に注意! じつは水虫完治のチャンスは今

水虫は「白癬菌」というカビによって起こる皮膚の疾患だ。カビだから、高温多湿の環境が大好き。これまでは暑い夏にこそ猛威を振るうものだった。 しかし最近は、特に女性の場合、サンダルを履く夏よりも、おしゃれなブーツや革靴を履くようになる秋冬のほうが水虫に感染しやすいといえる。…続きを読む

女性はサンダルからブーツに替わる秋の「水虫」に注意! じつは水虫完治のチャンスは今

「洗い過ぎ」がシワや敏感肌の原因!「界面活性剤」が皮膚のバリア機能に悪影響を

汗をかくシーズンが来ると、洗顔料や石けんで顔を洗う回数が普段よりも増えるだろう。そのような「洗い過ぎ」が皮膚のトラブルを招いていると、『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』(マキノ出版)の著者である医療法人社団躍心会「江北皮フ科」院長・池田大志医師(皮膚科)…続きを読む

「洗い過ぎ」がシワや敏感肌の原因!「界面活性剤」が皮膚のバリア機能に悪影響を

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる

「青春のシンボル」ともいわれるニキビの正式名称は「尋常性ざ瘡(英:Acne vulgaris)」、りっぱな皮膚疾患のひとつである。 このニキビがやたらと描かれる有名な小説が芥川龍之介の『羅生門』。それは「若さ」や「良心」の象徴とも、「迷い」や「躊躇」の暗示とも、さまざま…続きを読む

アンチエイジングな朗報!? 若い頃に「ニキビ」に悩まされた人は「皮膚の老化」が遅くなる
脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社p3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆