インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる白斑の最新治療」後編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」の画像1

榎並寿男医師は「8割以上の白斑は改善可能」と話す

 皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、「白斑(尋常性白斑)」――。故マイケル・ジャクソンも、この病気だったことが公表されている。

 おおよそ100人に1人(人口の1%程度)に起こるともいわれ、従来は難治とされてきた。だが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。その後半をお伝えする。

中波長の紫外線を用いる光線療法が登場

──治療にはどんな方法があるのですか?

 榎並:ステロイド剤などの「外用療法」と、紫外線を照射することでメラニン産生を促す「光線療法」の併用が一般的で、これらで十分な改善が見られない場合、「移植手術」を検討することもあります。

 近年の大きな変化は「光線療法」の照射機器の進歩です。従来は「PUVA療法」という療法が主に行われてきました。PUVAは、紫外線に対する反応力を高める薬「ソラレン」を投与した後に、「長波長紫外線(UVA)」を照射する治療法です。

 しかし、白斑の面積が半分以下に縮小する例は、全体の2割に満たない程度でした。色素の再生が起こっても、周辺の皮膚の色調と異なり、結局はまだらになってしまう限界もありました。加えて、ソラレンの副作用(吐き気や発がん性など)という問題もあったのです。

 これに変わって登場したのが、「中波長紫外線(UVB)」を用いる光線療法です。中波長とは、波長が280〜315nm(ナノメートル)の紫外線を指します。白斑に有効なのは波長311±2nmを放出する「ナローバンドUVB療法」と308nmだけを放出する「メル療法」です。

──従来の光線療法と比較して、どんな特徴が?

 榎並:ナローバンドUVB療法は光の照射量は弱く、広範囲に用いることができます。PUVAと比べて周辺の皮膚との色調もよくなるケースが多く、これだけでも大きな進歩でした。

 さらに近年に登場したメル療法は比較的、狭い範囲にしか用いられませんが、ナローバンドで効果の見られない人でも色素再生が起こるケースがあります。

 患者さんの体質や照射した患部の状態を的確に判断し、患者さんに合った療法器機を上手に組み合わせることで、当院では色素が再生する可能性は8割以上に高まりました。

 ただし、分節型の白斑(体の右半分だけ・左半分だけといった局所に白斑が現れるタイプ)には、残念ながら光線療法の効果が現れにくいのです。どうしても改善しない残り1〜2割の患者さんをなんとか治したいと、当院では10年ほど前から「ミニグラフト移植」という治療を導入しています。

妊活で<シチュエーションを変える>も吉~不妊治療は互いの愛情の確認から始めよう
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆