インタビュー「皮膚の色が抜け落ちる白斑の最新治療」後編:榎並寿男医師(新宿皮フ科院長)

白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
白斑(尋常性白斑)は8割以上が改善~最新の「光線療法」「ミニグラフト移植」の画像1

榎並寿男医師は「8割以上の白斑は改善可能」と話す

 皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、「白斑(尋常性白斑)」――。故マイケル・ジャクソンも、この病気だったことが公表されている。

 おおよそ100人に1人(人口の1%程度)に起こるともいわれ、従来は難治とされてきた。だが、近年、治療が進化し、成果を上げている。最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」という新宿皮フ科院長の榎並寿男医師に聞いた。その後半をお伝えする。

中波長の紫外線を用いる光線療法が登場

──治療にはどんな方法があるのですか?

 榎並:ステロイド剤などの「外用療法」と、紫外線を照射することでメラニン産生を促す「光線療法」の併用が一般的で、これらで十分な改善が見られない場合、「移植手術」を検討することもあります。

 近年の大きな変化は「光線療法」の照射機器の進歩です。従来は「PUVA療法」という療法が主に行われてきました。PUVAは、紫外線に対する反応力を高める薬「ソラレン」を投与した後に、「長波長紫外線(UVA)」を照射する治療法です。

 しかし、白斑の面積が半分以下に縮小する例は、全体の2割に満たない程度でした。色素の再生が起こっても、周辺の皮膚の色調と異なり、結局はまだらになってしまう限界もありました。加えて、ソラレンの副作用(吐き気や発がん性など)という問題もあったのです。

 これに変わって登場したのが、「中波長紫外線(UVB)」を用いる光線療法です。中波長とは、波長が280〜315nm(ナノメートル)の紫外線を指します。白斑に有効なのは波長311±2nmを放出する「ナローバンドUVB療法」と308nmだけを放出する「メル療法」です。

──従来の光線療法と比較して、どんな特徴が?

 榎並:ナローバンドUVB療法は光の照射量は弱く、広範囲に用いることができます。PUVAと比べて周辺の皮膚との色調もよくなるケースが多く、これだけでも大きな進歩でした。

 さらに近年に登場したメル療法は比較的、狭い範囲にしか用いられませんが、ナローバンドで効果の見られない人でも色素再生が起こるケースがあります。

 患者さんの体質や照射した患部の状態を的確に判断し、患者さんに合った療法器機を上手に組み合わせることで、当院では色素が再生する可能性は8割以上に高まりました。

 ただし、分節型の白斑(体の右半分だけ・左半分だけといった局所に白斑が現れるタイプ)には、残念ながら光線療法の効果が現れにくいのです。どうしても改善しない残り1〜2割の患者さんをなんとか治したいと、当院では10年ほど前から「ミニグラフト移植」という治療を導入しています。

インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太