シャンプーで洗い過ぎるとフケに! 頭皮・髪の汚れ、加齢臭は「ぬるま湯」だけで大丈夫?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シャンプーで洗い過ぎるとフケに! 頭皮・髪の汚れ、加齢臭は「ぬるま湯」だけで大丈夫?の画像1

シャンプーで洗い過ぎるとフケが出る!(depositphotos.com)

 肩にパラパラと落ちてくる白いフケ。フケが出ている人は「不潔」「髪をきちんと洗っていないのではないか」と疑いの目を向けられるだろう。しかし、真相は違うらしい。

 「シャンプーで髪を洗わないからフケが出るのではありません。逆にシャンプーが原因になっている場合もあるのです」

 そう話すのは『10万円のクリームより効く「何もつけない」美肌ケア』(マキノ出版)の著者である医療法人社団躍心会「江北皮フ科」院長・池田大志医師(皮膚科)。

 シャンプーを使わないようにするだけで、フケやかゆみだけでなく、抜け毛が減って髪の毛のボリューム感が増すのだそうだ。シャンプーを使わずにお湯だけで頭皮を洗う「湯シャン」を実行している池田医師に、その効果を聞いた。

シャンプーを使わなくても、頭皮や髪の毛の汚れは、ぬるま湯で洗い流せる

 フケやかゆみ、抜け毛といった頭髪にかかわるトラブルは、「頭皮のバリア機能の低下」が原因だと池田医師は指摘する。頭皮もほかの部位の皮膚と同様、いちばん外側にある「角質層」が、外部から異物が侵入することを防ぐとともに、内部から水分が蒸発することも防いでいる。

 これを「皮膚のバリア機能」という。角質層の上は、皮脂と汗が混じり合った皮脂膜でカバーされ、バリア機能が強化されている。「シャンプーには、水と油をなじみやすくする『界面活性剤』が含まれています。界面活性剤がバリア機能に悪影響を与えるのです」と池田医師は語る。

 「シャンプーで皮脂や角質層の保湿成分が洗い流されると、頭皮のバリア機能が低下して、炎症が起こります。その結果、フケやかゆみが発生するのです。かゆいからと、シャンプーをつけた状態で頭皮をゴシゴシとこすると、角質層が破壊されてしまいます。加えて、『毛包』と呼ばれる毛穴の部分で炎症が起こったら、髪が抜けやすくなり、毛髪の成長障害も引き起こされます」

 頭がかゆいときには、シャンプーでゴシゴシ洗うと頭皮の毛穴までスッキリするような爽快感がある。しかし、頭皮の角質層を傷つけて、さらなるフケやかゆみを引き起こしているのだ。

 「頭皮や髪の毛の汚れは、ぬるま湯で洗い流せます。シャンプーを使わなくても、不潔になることはありません」と池田医師。フケやかゆみなどがなければ湯シャンにする必要はないが、頭皮や毛髪のトラブル対策として知っておいてほしいと語る。

美容界で異彩を放つ「炭酸ジェルパック」とは?細胞からのアンチエイジングとケアが大切
インタビュー「炭酸美容とはなにか?」後編:メディオン美容皮膚クリニック院長・日置正人氏

前編『炭酸ケアの第一人者、褥創の治療経験から生まれた「炭酸ジェルパック」』

美容の世界でも異彩を放つっている「炭酸ジェルパック」。 皮膚科・内科の医師として長年、炭酸の医療的な研究に携わり、その研究の成果として画期的な美容素材「炭酸ジェル」を開発した日置正人医師に、その開発の過程や効果について聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆