「皮膚」の記事一覧

皮膚がん誘発させる「紫外線」対策7つのポイント〜日陰・薄曇り・雨・室内でもUVケアは万全に!

肌の肌理(きめ)の細やかさ。大和撫子らしさの象徴だが、その脆弱さに付け入るのが、夏の強い日ざしだ。なぜ紫外線は怖いのか? なぜ対策(UVケア)が必要なのか? サラッとまとめよう。 太陽光線は、目に見える可視光線と目に見えない不可視光線がある。不可視光線の中で最も波長の短…続きを読む

皮膚がん誘発させる「紫外線」対策7つのポイント〜日陰・薄曇り・雨・室内でもUVケアは万全に!

自動車の紫外線カットの弱点はサイドガラス?日焼けで白内障、皮膚がんのリスク

タレントのキャシー中島さん(64)が、今年2月10日に皮膚がんの手術を受けていた事実を自身のブログで明かした。右目下に赤い点ができたのが1年半ほど前、半年後には小さなイボ状となり、その後はカサブタが出来ては剥がれ……、これをくり返したという。 心配した愛娘で女優の勝野雅…続きを読む

自動車の紫外線カットの弱点はサイドガラス?日焼けで白内障、皮膚がんのリスク

女性も20代後半からオヤジ臭(加齢臭)が発生! 換気が悪い冬こそ気をつけたい「体臭対策」とは?

満員電車、オフィス、対人折衝……。冬場は、いわゆる「オヤジ臭」に悩まされる場面が少なくない。主として中高年に特有の「オヤジ臭=加齢臭」は、男性だけでなく女性にもある。今回は加齢臭の撃退対策を話そう。 まず加齢臭の原因は何か? そこから探っていこう。冬場の加齢臭の犯人…続きを読む

女性も20代後半からオヤジ臭(加齢臭)が発生! 換気が悪い冬こそ気をつけたい「体臭対策」とは?
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子