「口/歯」の記事一覧

デンタルフロスに虫歯予防の科学的な根拠なし? 効果がないのは正しく使っていないから?

子どもの頃から親に言われるままに、歯と歯茎を守るために「デンタルフロス」を使用する習慣を守ってきた人は多いだろう。しかし、AP通信による新たな調査で、「フロスの効果を裏づける十分なエビデンスはない」ことが示唆された。 AP通信は、過去10年間に実施された25件の研究のデ…続きを読む

デンタルフロスに虫歯予防の科学的な根拠なし? 効果がないのは正しく使っていないから?

自分の口臭が気になる「心理的口臭症」は治療することができる!

「口臭は人間だけに起こります」――。 そのように話すのは「ほんだ歯科」の本田俊一院長だ。 「日本口臭学会では、口臭を『本人あるいは第三者が不快と感じる呼気の総称である』と学術的に定義しています。つまり、会話の時に吐き出されてくる『吐く息=呼気』に悪臭があるということ…続きを読む

自分の口臭が気になる「心理的口臭症」は治療することができる!

世界初、動物実験で“歯の再生”に成功! リーズナブルな費用での実用化は間近か!?

2015年現在、歯の再生は、マウスの動物実験で成功しているが、残念ながらヒトの歯そのものの再生は、まだ実現していない。 歯の再生は、長年にわたって再生医療のビッグテーマだった。その突破口を開いたのは、2009年8月4日に発行の米科学アカデミー紀要電子版に発表された論文だ…続きを読む

世界初、動物実験で“歯の再生”に成功! リーズナブルな費用での実用化は間近か!?
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆