間違いだらけの虫歯予防~「朝食後に歯磨き」「ノンシュガー」「濡れた歯ブラシ」はNG

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
hamigaki.jpg

新しい常識のオーラルケアをedwardolive/PIXTA(ピクスタ)

 最近オフィスでは、ランチ後の歯磨き姿がごく当たり前になってきた。欧米に比べて、まだまだ「予防歯科」の分野は遅れているといわれるものの、日本でも日常的なオーラルケアに気を遣う人は確実に増えている。

 ところが、毎日しっかり歯磨きをしていても虫歯ができてしまう……。そんな悩みのある人は、ひょっとすると良かれと思っている生活習慣やケアが間違っているのかもしれない。

たとえば「ノンシュガー」「スポーツ」と表記されている清涼飲料は、そんなに歯に悪いものではないと思い、日常的に口にしてはいないだろうか。だが、それは大きな間違いのようだ。

「健康飲料」が歯の健康を害する?

 今回、豪・メルボルン大学口腔衛生学共同研究センターでは、23種類のソフトドリンクやスポーツドリンクにヒトの歯を浸し、表面のエナメル質に与える影響について実験。11月下旬にその結果を公表した。

 それによると、「酸」を含みpH(水素イオン指数)が低い飲料であれば、たとえ糖分が一切含まれていなくても歯のエナメル質にダメージを与えているという。

たとえば、運動時によく飲まれているスポーツドリンクは健康的な印象があるが、糖質のほかに疲労回復に効果的なアミノ酸や、クエン酸が多く含まれている。

「ノンシュガー」「ダイエット」と銘打つ清涼飲料水にも、ステビアなどの人工甘味料などが使用されており、この成分は酸性だ。ミネラルウォーターに香りを付けたフレバリーウォーターでさえも、歯の表面を損ねる作用があるという。

 酸性の添加物は、唾液によって中和されるはずの口内を酸化させる。そのことが虫歯菌を活発にし、歯の表面のエナメル質が溶かされ虫歯になりやすい環境を作ってしまう。エナメル質が溶け始めるのはpH5.4以下とされ、pH値が3.6~4.6のスポーツドリンクなどは、エナメル質がダメージを受け、虫歯菌がさらに深い象牙質にまで達しやすくなってしまう。

 研究グループは、虫歯のリスクを減らすために次の呼びかけをしている。

◆清涼飲料水はなるべく飲まない。リン酸、クエン酸ナトリウム、クエン酸などが含まれているものを避ける。
◆長時間ダラダラと飲み続けない。
◆ストローを使い、歯との接触を少なくする。
◆就寝前は飲まない。
◆定期的な検診を受ける。

 また、pHの低い飲料をたくさん飲んだ後は、水で洗い流したり、口をすすいで口内環境をなるべく中性に戻したりすることを心がけたい。

その歯磨き習慣、実は間違い!

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫