節分の豆やナッツ類を3歳未満の子供に食べさせてはいけない!窒息事故の可能性

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
節分の豆やナッツ類を3歳未満の子供に食べさせてはいけない!窒息事故の可能性の画像1

子どもの誤嚥に注意を!shutterstock.com

 今日は節分、「福は内~、鬼は外~」の福豆(炒り大豆)撒きはもう済まされただろうか。撒き終えたら齢の数だけ(あるいは1粒多く)残った豆を食べて厄除けを行なうのが昔からの習わし。こうした家庭行事はどんなに少子化社会になろうとも大切にしたいものだ。

 が、もしお子さんがまだ3歳児未満であれば、この厄除け行為にも注意が必要だ。パパやママが団欒を満喫しつつ食べるのは何ら問題はないが、決して乳幼児に食べさせてはいけない。福豆やナッツ類は「3歳頃まで食べさせないで!」と消費者庁も節分を前に正式に注意を呼び掛けている。
(http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20160128.php)

「年に一度の行事だからいいさ、いいさ」などとほろ酔い気分で幼児の口に放り込んだら思わぬ事故に繋がる可能性も十分考えられるのだ。赤ちゃんの喉はまだ未発達で、そのままでも窒息事故を起こしやすい豆やナッツ類は節分に限らずNGが原則と覚えておきたいもの。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志