節分の豆やナッツ類を3歳未満の子供に食べさせてはいけない!窒息事故の可能性

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
節分の豆やナッツ類を3歳未満の子供に食べさせてはいけない!窒息事故の可能性の画像1

子どもの誤嚥に注意を!shutterstock.com

 今日は節分、「福は内~、鬼は外~」の福豆(炒り大豆)撒きはもう済まされただろうか。撒き終えたら齢の数だけ(あるいは1粒多く)残った豆を食べて厄除けを行なうのが昔からの習わし。こうした家庭行事はどんなに少子化社会になろうとも大切にしたいものだ。

 が、もしお子さんがまだ3歳児未満であれば、この厄除け行為にも注意が必要だ。パパやママが団欒を満喫しつつ食べるのは何ら問題はないが、決して乳幼児に食べさせてはいけない。福豆やナッツ類は「3歳頃まで食べさせないで!」と消費者庁も節分を前に正式に注意を呼び掛けている。
(http://www.caa.go.jp/kodomo/mail/past/vol/20160128.php)

「年に一度の行事だからいいさ、いいさ」などとほろ酔い気分で幼児の口に放り込んだら思わぬ事故に繋がる可能性も十分考えられるのだ。赤ちゃんの喉はまだ未発達で、そのままでも窒息事故を起こしやすい豆やナッツ類は節分に限らずNGが原則と覚えておきたいもの。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔