歯科恐怖症(デンタルフォビア)はトークセラピーで克服!? 緊急時には全身麻酔での治療も!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
04429-2.jpg

歯科恐怖症(デンタルフォビア)は大人にも多い(shutterstock.com)

 キーンという歯を削るドリルの音、歯を削られることで生じる痛み、仰向け状態で長時間口を開け続けるという治療の体勢、見ることのできない治療の様子、不安にさせる歯科医のマスク姿……。

 歯科に対してのマイナスイメージを挙げるときりがない。事実、歯科というものに対し、個人差はあれど、恐怖感を持っている人は多いのではないだろうか。

 そうした恐怖感が極端になり、歯の治療が困難になってしまった状態のことを歯科恐怖症(デンタルフォビア)と呼ぶ。

歯科恐怖症(デンタルフォビア)の症状とは?

 歯科恐怖症に陥ると、歯医者に行くことを想像しただけで不安になったり、息が苦しくなるなど体が反応したりする。ひどい場合には、口の中に手を入れられることを嫌がって、激しく嘔吐してしまうことすらある。そのため、歯の治療が必要な状態になっても、受診になかなか踏み切れず、虫歯歯周病といった症状が悪化してしまうのだ。

 むかしの歯科医院の待合室には、泣きじゃくる子どもが珍しくなかった。当時は、死ぬほど痛い歯医者が珍しくなかったのだ。いま歯科恐怖症を患っている大人の多くは、そうした子ども時代の歯科治療がトラウマとなり、その後、歯医者に行くのが苦手になった人たちなのだろう。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子