歯科恐怖症(デンタルフォビア)はトークセラピーで克服!? 緊急時には全身麻酔での治療も!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
04429-2.jpg

歯科恐怖症(デンタルフォビア)は大人にも多い(shutterstock.com)

 キーンという歯を削るドリルの音、歯を削られることで生じる痛み、仰向け状態で長時間口を開け続けるという治療の体勢、見ることのできない治療の様子、不安にさせる歯科医のマスク姿……。

 歯科に対してのマイナスイメージを挙げるときりがない。事実、歯科というものに対し、個人差はあれど、恐怖感を持っている人は多いのではないだろうか。

 そうした恐怖感が極端になり、歯の治療が困難になってしまった状態のことを歯科恐怖症(デンタルフォビア)と呼ぶ。

歯科恐怖症(デンタルフォビア)の症状とは?

 歯科恐怖症に陥ると、歯医者に行くことを想像しただけで不安になったり、息が苦しくなるなど体が反応したりする。ひどい場合には、口の中に手を入れられることを嫌がって、激しく嘔吐してしまうことすらある。そのため、歯の治療が必要な状態になっても、受診になかなか踏み切れず、虫歯歯周病といった症状が悪化してしまうのだ。

 むかしの歯科医院の待合室には、泣きじゃくる子どもが珍しくなかった。当時は、死ぬほど痛い歯医者が珍しくなかったのだ。いま歯科恐怖症を患っている大人の多くは、そうした子ども時代の歯科治療がトラウマとなり、その後、歯医者に行くのが苦手になった人たちなのだろう。

妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志