『キャプテン翼』が再アニメ化〜心臓病と闘う三杉淳はどう描かれる?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不朽の傑作漫画『キャプテン翼』が再アニメ化〜心臓病と闘う三杉淳はどう描かれる?の画像1

不朽の傑作漫画『キャプテン翼』が再びアニメ化(画像はテレビ東京の公式HPより)

 いまだ平昌(ピョンチャン)五輪の興奮も冷めやらぬ中だが、2018年FIFAワールド杯ロシア大会の開幕まで早3カ月を切った。

 さらに4月2日深夜、永遠のサッカー少年たちには待望の、あの不朽の傑作漫画『キャプテン翼』(原作:高橋陽一)が、テレビ東京系で再びアニメ化され放映がスタートする。

 「ボールは友達」が信条の主人公・大空翼(おおぞら・つばさ)の活躍と成長ぶりを描いて、1980年代の少年読者たちをたちまち虜にした通称『キャプ翼(つば)』。掲載誌「週刊少年ジャンプ」の黄金期を支えたキラーコンテンツだった。

 その人気ぶりもさることながら、現実のサッカー界に及ぼした影響力は侮れない。元日本代表の中田英寿や川口能活、国内のみならずジダンやメッシ、デルピエロやカカ、サンチェス……世界の一流選手らの誕生をも左右したと言われるほどだ。

 さて、W杯開幕までのイメトレ鑑賞用に、あるいは『キャプ翼』のキャラを復習をしたい方々には、テレビ東京の専用サイト閲覧をお薦めしたいが、新版『キャプ翼』オンエアに際して、当サイトで注目しているが名脇役「三杉淳(みすぎ・じゅん)」。

挫けない「ガラスのエース」

 東城学園小学校に通い、武蔵野市選抜チームの「武蔵FC」所属。翼率いる「南葛」との熱望対戦が実現した大会準決勝では、持ち前の天才的技術と統率力で主人公を圧倒し、相手チームの戦意を喪失させたほどの存在だ。

 しかし、大活躍のうちに迎えた後半戦、持病の「心臓病」が発症して失速……。対照的な立ち直りを見せる翼らに4対5で逆転負けを喫した悲劇の名脇役として、隠れファンも数知れず。

 その境遇から「ガラスのエース」とも呼ばれ、マルチな技術力は「フィールドの貴公子」と称賛された。

 三杉のポジションは元来、MF兼DF。脚テクも華麗ならば戦術眼にも秀で、正統派イケメンの容姿に生まれて学力優秀、実家も金持ちという存在ゆえ、小学生時代から「三杉ファンクラブ」の追っかけ隊が黄色い声援を飛ばしていた。

 そんな天才選手の唯一にして最大の欠点が「心臓病」。クールな印象の一方で、中学生時代から「医師とサッカー選手」という夢の両立を自ら決意し、2年間の治療専念に徹して精進してきた熱い面もある。

 その結果、「30分間」の制限付きでプレイ可能な体にまで快復した。

 さらに高校生活を迎えると一切の表舞台から退き、リハビリに専念。その復活劇は、ある日突然、担当医の「三杉くん、よく頑張ったね」「病気は治るものなんだ」というシーンで心臓病克服が示されたが……そこは漫画と割り切りたい。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛