「湯たんぽ療法」で原因不明の痛みや自律神経失調症を改善

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「湯たんぽ療法」で原因不明の痛みや自律神経失調症を改善の画像1

「湯たんぽ療法」の効果は?(depositphotos.com)

「『気のせい』や『心の問題』の痛みなんて存在しませんよ」――。

 そう断言するのは、青山・まだらめクリニック院長の班目健夫医師だ。この言葉で、気持ちが救われた患者さんも多いのではないだろうか。

「痛みについて医師は知識が足りないし、検査も不十分」

 痛みというものは、実に厄介だ。見た目だけでは、痛みの有無がほかの人にはわからない。だから周囲に理解してもらいにくい。痛みで絶えず緊張してイライラし、疲れているのに夜になっても眠れない。病院に行っても、検査で原因が特定できないことが多い。

 筆者も過去に激しい痛みで受診して、「あれっ? おかしいな~、痛いはずはないのに?」と医師が漏らした言葉で、憤りを覚えた経験がある。班目医師は「痛みについて医師は知識が足りないし、検査も不十分」と指摘する。

 すべての痛みには原因があり、自分で取り組める改善法がある。「大事なのは『体を温める習慣』です」と班目医師。つらい痛みを消すために、どのように体を温めたらいいのか、班目医師に具体的に聞いていこう。

血流低下と冷え・筋肉の凝りが発生して「痛み」が現れる

 班目医師によれば、画像診断や血液検査でも見つけられない痛みの原因は「血流」にある。血流が低下している状態だと、体が冷え、筋肉には凝りが生じる。

 「触診といって、患者さんの体に手で触れて症状を診断する方法があります。痛みを訴える患者さんを触診すると、ほぼ例外なく体が冷えて、筋肉が異常にこっているのです。氷のように冷たい人がいて、体表面温度を測定すると19℃だったこともありました」

 健康な人の体表面温度は約35℃なので、痛みがある人は16℃も低かったのだ。

 血流が低下すれば、体の中央部で産生された熱が手足にまで送られなくなる。こうして体が冷えて、筋肉が緊張して硬くなる。すると血管が圧迫され、さらに血流が悪くなる。同時に、筋肉に老廃物が蓄積して、凝りが生じる。凝りは周囲の末梢神経を刺激し、痛みを引き起こすのだ。

 「血流低下」「冷え」「筋肉の凝り」は同時に発生している。これら3つは、きめ細かな触診でなければ見つけられない。「『私は顔がほてって熱いので体が冷えているとは思えない』と言う人は、要注意です。下半身が冷え切っていて、体熱の分布異常が発生しています」(同前)

 自覚のない冷え・筋肉の凝りもあるのだ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛