シリーズ「これが病気の正体!」第9回

【閲覧注意】30~40代にも少なくない「心筋梗塞」~喫煙者に多い突然死の恐怖~

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【閲覧注意】若者も少なくない「心筋梗塞」で突然死~の画像1

心筋梗塞を発症した心臓(画像はモザイク加工のもの)

 これから朝夕の気温はぐっと下がり、冬に向かう。<血管のトラブル>が増加してくるシーズンだ。その代表的な病気のひとつは心筋梗塞。「虚血性心疾患」の一つである。喫煙者に多い!

 原因には生活習慣による動脈硬化があげられ、50代以上の患者が多い。最近は、若い人でも心筋梗塞を起こし、死に至るケースがみられる。

 著名人では、2013年に女優の天海祐希さん(当時45歳)が軽度の心筋梗塞で入院。2015年にはフジテレビ系のリアリティバラエティ番組『テラスハウス』(TERRACE HOUSE BOYS×GIRLS NEXT DOOR)に出演した今井洋介さん(享年31)が急逝している。

 今年(2017年)に入ってからも、女性落語家の露の雅(つゆのみやび)さんが1月に虚血性心疾患のため死去(享年35歳)。6月に元広島カープの河野昌人氏が虚血性心疾患で死去(享年39歳)。 9月には男子バレーボール元日本代表の谷村孝さんが心筋梗塞で死去した(享年35歳)。

 心臓を栄養する「冠状動脈」が詰まり、心臓を動かす心筋細胞に酸素供給ができなくなる結果、心筋細胞が壊死(えし)してしまう病気だ。

 症状は狭心症よりも強く、強い胸痛とともに、冷や汗・嘔吐・呼吸困難を伴う。狭心症は、虚血性心疾患のうち、可逆的な病態をさすが、心筋梗塞の危険度の高い病態といえる。

 虚血性心疾患を理解するためには、心臓に酸素豊富な血液を供給する「冠状動脈(英:coronary artery)」の構造を知っておくことが重要だ。左冠状動脈の「左前下行枝」は心臓の「前壁」を、左回旋枝は「側壁」を、右冠状動脈は「後壁」をそれぞれ栄養する。

 冠状動脈は冠動脈とも記載されるが、肝動脈と区別するために、「かんむり動脈」と発音される。

 ちょっとだけ専門的に述べてみたい。心臓の右心房付近で「ペースメーカー」の役目をする(規則正しく心臓が拍動するように命令する)「洞房結節」と、心房からの命令を心臓の拍動の主役である心室へと引き継ぐ「房室結節」(心臓の刺激伝導系の一部)はいずれも、右冠状動脈の枝から血液が供給される。

 というわけで、右冠状動脈が詰まって生じる後壁梗塞では、不整脈がよりおこりやすい。おわかりかな?

心筋梗塞は喫煙者に多い病気

 冠状動脈が閉塞する原因の多くは、粥状(じゅくじょう)動脈硬化症の粥腫(しゅくしゅ)の破綻に伴なう血栓形成による。心臓弁膜症などでできた血栓が冠状動脈に詰まる「血栓塞栓症」の場合は、動脈硬化のない心臓に心筋梗塞がもたらされる。

 タバコや薬物の影響で冠状動脈が異常に収縮してしまう「動脈攣縮(れんしゅく)」や小児期に多い川崎病の合併症である「冠状動脈瘤(どうみゃくりゅう)」によって心筋梗塞が生じる場合もある。

 今回のテーマ、若年層に生じる心筋梗塞は、冠状動脈の血栓塞栓症、攣縮や動脈瘤による頻度が比較的高い。

 喫煙は、長期的に動脈硬化を促進し、短期的に冠状動脈を収縮させる。その結果、動脈硬化による血管閉塞を助長する――ことを特に強調したい。心筋梗塞はタバコを吸う人に多い病気なのだ。

 心筋梗塞の死因としては、心不全、不整脈、心破裂(多くは発症後1週間以内に発生)、あるいは二次的に心臓壁にできた血栓が脳動脈に塞栓(そくせん)する脳梗塞があげられる。

 ここで注意すべきは「心筋梗塞」であることを証明するためには、発作からある程度の時間が必要な点だ。血液中のマーカーの変動がもっとも鋭敏である。

 亡くなったあと解剖して、肉眼的あるいは顕微鏡的に心筋壊死が証明できるようになるには、発症後6時間程度が必要とされている。逆に、それ以前に亡くなってしまうと、解剖してもよくわからない場合がある。

51320816_s-2015.jpg

AED(自動体外式除細動器)(depositphotos.com)

 ところで、街のあちこちに設置されている「AED(自動体外式除細動器)」の重要性は皆さんよくご存じだと思う。運転免許の更新のときに学ぶ機会があるし、いろいろなイベントでAED講習会が開催されている。

 AEDは、心臓マッサージを続けながら使うのが原則。突然、街中で倒れた人に遭遇したら……AEDの指示通り、胸に電極パッドを貼って電気ショックを与える。心臓の状態をAEDが自動的に判断し、電気ショックが必要かどうかを判断するから「電気ショック」への躊躇は無用だ。

 急に心臓が止まる原因には、じつは心筋梗塞以外に「心室細動」と呼ばれる重症の不整脈がある。心臓がこまかくふるえてしまい血液を送り出せなくなる状態だ。

 AEDは、心室細動を正常化する(正しい心臓のリズムに戻す)。心筋梗塞が原因で心室細動がおきる可能性もある。とりあえず、AEDで心臓を動かし続ければ、治療を受ける時間的なゆとりが生じる。

 だから、「心筋梗塞」で死亡したと診断される患者の一部は、致死的不整脈(心室細動)が原因だった可能性もある。

堤寛(つつみ・ゆたか)

つつみ病理相談所http://pathos223.com/所長。1976年、慶應義塾大学医学部卒、同大学大学院(病理系)修了。東海大学医学部に21年間在籍。2001〜2016年、藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。2017年4月~18年3月、はるひ呼吸器病院・病理診断科病理部長。「患者さんに顔のみえる病理医」をモットーに、病理の立場から積極的に情報を発信。患者会NPO法人ぴあサポートわかば会とともに、がん患者の自立を支援。趣味はオーボエ演奏。著書に『病理医があかす タチのいいがん』(双葉社)、『病院でもらう病気で死ぬな』(角川新書、電子書籍)『父たちの大東亜戦争』(幻冬舎ルネッサンス、電子書籍)、『完全病理学各論(全12巻)』(学際企画)、『患者さんに顔のみえる病理医からのメッセージ』(三恵社)『患者さんに顔のみえる病理医の独り言.メディカルエッセイ集①〜⑥』(三恵社、電子書籍)など。

堤寛の記事一覧

堤寛
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛