脳を「鍛える&休める」フィットネスで「認知症」を撃退!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
脳を「鍛える&休める」フィットネスで「認知症」を撃退!の画像1

脳を「休める&鍛える」でバージョンアップ!写真提供:ブレインフィットネス

 脳トレブームは今も続いているが、「歳をとっても認知症になりたくない」「最近、もの忘れがあるので心配」などの動機で取り組んでいる人が多いのかもしれない。

 実は脳にとっては「鍛える」だけでなく「休める」ことも大切で、ビジネスパーソンのように脳を酷使しすぎるのもよくないという。

 人生100年時代に不可欠な「脳の健康」をトータルにケアできる脳のトレーニングジム「ブレインフィットネス」(東京都・恵比寿)の広報・森下愛子さんに、脳の健康にとって必要なことなどについて話を聞いた。

効果が実証された脳トレなどで脳を刺激する

 脳の健康というと、大きく分けて2つのニーズがあるのかもしれない。まず1つめは「脳を鍛えて、もの忘れや認知症予防に取り組む」、2つめは「毎日脳を酷使しているので、脳を休める方法を習得する」だ。

 最近、広く知られるようになってきたが、アルツハイマー型認知症は、脳の中に「アミロイドβたんぱく」という物質が発症の20〜25年ほど前から蓄積し始め、タウ凝縮を引き起こすことで神経細胞が少しずつ死滅。脳が萎縮していく病気だ。もし60代半ばで発症したとすると、実は40代に入ったころからアミロイドβの蓄積が始まっていたということになる。

 しかし認知症は、世界中の製薬メーカが治療薬の開発にしのぎを削るにもかかわらず、まだ有効な治療方法が見つかっていない。そのため現状では、予防に力を入れるしかない。ちなみに、糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、認知症の発症リスクを高める。早めに治療することが大切だ。
  
 では「ブレインフィットネス」ではどのようなプログラムが提供されているのだろうか。

 「ブレインフィットネスでは『①脳トレ』『②筋トレ』『③睡眠指導』『④食事指導』『⑤マインドフルネス』『⑥デュアルタスク』などのメニューを用意しています」と森下さん。

 「まず『①脳トレ』では、世界の脳トレゲームのエビデンスレベルを精査し、最も高いLebel1の評価を得た脳トレゲーム『コグニフィット』など、信頼性の高いゲームを選定・導入しています。また、脳トレ中の脳血流量を測定する『HOT1000』も取り入れ、トレーニング中にどれくらい脳の血流量が増えているか(脳が活発化しているか)をモニタリングできます」

 そして「『②筋トレ』と『⑥デュアルタスク』では、単純な作業と複雑な脳刺激を組み合わせる(デュアルタスクする)ことで、脳に良い効果が得られることが分かっています。国立長寿医療研究センターとインターリハ社の共同開発により生まれた『コグニバイク』で、有酸素運動と脳トレを同時に行います」と森下さんは説明する。

 また良質の睡眠(深睡眠)をとることで、アミロイドβが脳脊髄液中に排出されることがわかっている。そのため「③睡眠指導」も行われる。

 また、食事内容によっても認知症を予防できることがわかっているので、毎日の食事内容を写真に撮ってもらい、その記録をもとに具体的な「④食事指導」も行われている。

 さらには、ストレスが脳の海馬などを萎縮させることから、「⑤マインドフルネス」により脳のストレスを解放するプログラムも。マインドフルネスを行っている間の脳波を、カナダinteraxon社が開発した「muse」により測定するサービスも提供されているという。

 次のページでは、脳を休めるためのプログラム内容などをご紹介しよう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆