インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムで再発を防げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムで再発を防げの画像1

部下や同僚が「うつ病」になったら?(shutterstock.com)

 うつ病で休職中の人が、毎日決まった時間に病院に通い、同じような仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受ける「うつ病のリワーク」。

 そのリワークが受けられる医療施設は、全国で180以上とその数は増えている。自分が、部下が、そして同僚がうつ病になったとき、うつ病やうつ病休職にどう対処すればいいのか?

 最新の知見を交えながら、うつ病のリワークを進めるプログラムの普及を目指す、NTT東日本関東病院精神神経科部長・秋山剛医師に話を聞いた。

うつ病のリワークとは?

──自分が、部下が、そして同僚がうつ病になったとき、我々はどのように向き合えばいいでしょうか?

 上司の立場なら、うつ病となった部下に対して、どんな風に仕事を与えるかは自分だけでは決めずに、産業医や主治医からの情報も加味して、妥当と思われる、<少し控えめ>な仕事量を与えることです。

 通常なら、仕事以外の話題で良好な人間関係をつくることはプラスに働きますが、うつ病になった場合、部下がそれを負担に感じることがあります。突っ込んだコミュ二ケーションは、相手が話にノッてきてからにした方がよいでしょう。

 同僚がうつ病になった場合、相手が自分で話さない限り、病気について詮索する立場にはありません。あれこれ聞かずに<見守る>姿勢が適切だと思います。

 また、自分がうつになったときは症状のモニターをするとともに、考え方の転換が必要になります。

──うつ休職中のリワークには、どのような意義があるでしょうか?

 うつ病で会社を休んだら、まずは静養期があって、そこから散歩をしたり、生活のリズムを整えていくという、回復に向けての段階があります。生活のリズムが整ったら、リワークプログラムに通うといいでしょう。

 リワークプログラムに通えば、自分と同じように復職を目指す仲間と、グチを言い合ったり、昼食を一緒に食べたり、励まし合ったりできます。自分ひとりだと、復職のための十分な準備はなかなか難しいかもしれません。

──リワークのプログラムの内容を教えてください。

 作業能力を回復するための個人作業やグループ作業のほかに、病気への理解を深めたり、心理教育を受けるなどのプログラムがあります。

 大切なことは、<対人スキル>の向上です。職場でのストレスは、対人スキルの不足によって生じます。たとえば、うつ病を引き起こすほどの長時間の労働をしてしまうのは、「断れない」「代わりにお願いできない」「教えてくれる人を探せない」などによります。

 もし、ほかの人に助けを求めることができたら、うつ病の発症を回避できるでしょう。うまく対人関係をつくることができるスキルを高めることは、とても重要です。

 そもそも復職というのは、病気になって脆弱になった人が、元と同じストレスがある職場に戻るわけで、ストレスに対処できる能力を改善していなければ、再発しても不思議ではないのです。ストレスをコントロールするコツを習得しなければ、再発は防げません。

 リワークというのは、そのためのスキルを取得する場所でもあります。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛