「セクハラ」「パワハラ」だけじゃない!新たな「ハラスメント」に職場は戦々恐々?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
302819939.jpg

パワハラの相談が過去最多に!(shutterstock.com)

 Appleの女性エンジニアが、同社CEOのティム・クック氏に送ったメールが話題になっている。その内容は、セクハラ、パワハラ、人種差別、男女差別が日常的に行われている職場の改善要求だ。

 ある日の午前中、職場で男性社員たちが性的な話題の雑談を始めた。以前にも同様のことがあった時、彼女は上司に改善を申し入れていたものの、何も変わることはなかったという。

 クック氏はこのメールに返信はしていないが、女性社員の訴えに対して意見を求めるスレッドをニュースサイト「Mic」が立てたところ、現社員と元社員が体験を書き込み、社内の実情が明るみになった。

パワハラの相談が過去最高

 職場のハラスメント(嫌がらせ)は、日本でも問題化している。厚生労働省の調査報告によると、2015年度の民事上の労働相談のうち、パワハラ(パワー・ハラスメント)の相談が前年比7.0%増で、過去最多になったという。

 相談件数は6万6566件。わずか10年前の2004年度(1万4665件)の、実に約4.5倍だ。これには、パワハラの社会認知が高まり、相談しやすくなった背景があるものの、パワハラによるトラブルで休職する人が増えているのも実情だ。

 会社の休職理由は、パワハラだけではない。ハラスメント、つまり、さまざまな場面での嫌がらせやいじめは多様化しており、今や30種類以上のハラスメントがあるといわれる。

 厚労省の類型によると、いじめのイメージの攻撃的な言動以外に、仲間外れなどの「人間関係の切り離し」や、遂行不可能なことを要求する「過大な要求」、逆に能力に見合わない程度の低い仕事を命じる「過小の要求」、そしてプライベートに過度の立ち入る「個の侵害」、と線引きの難しいところばかりだ。

精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第1回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行う「医療観察法病棟」を担当する国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に知られざる治療の実情について訊いた。

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛