>  >  > 「都会」と「田舎」でこれだけ違う<脳ストレス>

「都会」と「田舎」でこれだけ違う<脳ストレス> 都市生活者は不安障害やうつ病のリスクが増加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
457572232.jpg

田舎のほうが長生き?(shutterstock.com)

 今、田舎暮らしを希望する人が増えている。

 『産経WEST』によると、大阪に拠点を置くNPO法人の応じた田舎への移住に関する相談や面接が、この4年間で1.5倍に増えたという。相談者の半数以上が、若者や40代までの子育て世代だ。

 ふるさと回帰支援センター、および大阪ふるさと暮らし情報センターの各調べでは、東京に住む人が希望する移住先のトップ3は、長野県・山梨県・島根県。大阪では、和歌山県・岡山県・兵庫県だ。

 都会であくせく働いても「アベノミクス」の恩恵を受けられず、現実には収入は横ばいという人が大半である。ならば、生活費のかからない田舎でのんびり暮らすのも選択肢のひとつ、という思考になって不思議ではない。

 なによりも、都会はストレス要因が多い。それどころか、都会での生活はリスクが高いかもしれない。研究報告によると、田舎よりも都市部のほうが精神疾患にかかる率が高いという。

都市部の生活は脳がストレスフルに

 独ハイデルブルグ大学のメンタルヘルス中央研究所は、2011年に行った研究で<都市部の生活者の方が脳へのストレスが大きい>ことを明らかにし、英国の科学誌『ネイチャー』に論文発表した。

 具体的には、脳にある扁桃体と前帯状皮質の2カ所で大きなストレス反応を示したという。扁桃体は、不安や恐怖など主に負の感情を司る部分でストレスと関係が深く、うつ病や不安障害に大きく影響するとされている。

 扁桃体は、感じたストレスや不安に対し、心身がうまく対応するよう働く器官だが、ストレスを受け続けると過剰反応となり、それが病気の原因になることもある。

 また、前帯状皮質は、血圧や心拍数などの自律神経や認知機能を司る部位で、扁桃体の活動を抑える役割をする。

 この扁桃体と前帯状皮質の機能的結合が弱くなるほど、不安・抑うつ傾向が強まることを、国立精神・神経医療研究センターの研究グループが解明し、2013年に論文発表した。

 ポーランドの社会文化をテーマとした週刊誌『プシェクルイ』が明らかにしたところによると、都市生活者は田舎暮らしの人よりも、不安障害が21%、さらには気分障害(うつ病)が39%も高い確率でかかるという分析報告がある。

 2005年には、都市部で育った人が統合失調症にかかる確率が、田舎暮らしの2倍という調査報告も上がり、関係者を驚かせた。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘