インタビュー「うつ病の予防は『健康なときに耐性をつける』」第2回:西大輔医師(国立精神神経医療研究センター精神保健研究所精神保健計画研究部システム開発研究室長)

食事が「今日の気分」をつくる~「カラダが求める栄養素」でうつ予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
食事が<今日の気分>をつくる~「カラダが求める栄養素」を知ることの大切さの画像1

うつ病予防に「オメガ3系脂肪酸」が効く(depositphotos.com)

 うつ病の予防法について、国立精神神経・医療研究センターの西大輔医師のナビゲートで紹介する第2回。前回は<睡眠と運動>について紹介したが、今回は栄養の側面から解説する。


魚の消費量が多い国ほど「うつ病」が少ない

 「1998年に、アメリカのヒベルンという医師が発表した研究によって、魚の消費量が多い国ほどうつ病の有病率が少ないことが示されました。それ以来、『オメガ3系脂肪酸』とうつ病の関係が注目されています」(西医師)

 「オメガ3系脂肪酸」とは、魚に多く含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」と「DHA(ドコサヘキサエン酸)」、さらにエゴマ油などに含まれる「αリノレン酸」などの総称。つまり脂質、アブラだ。

 これらは、魚に多く含まれることから「魚油」とも呼ばれる。この「魚油」がうつ病の予防に役立つかもしれないことが、近年の研究で明らかになっているという。

 反対にうつ病の予防のためには控えたほうがいいのが「オメガ6系脂肪酸」。これは大豆油、コーン油、紅花油などに含まれ、揚げ物や加工食品などから過剰に摂取しがち。過剰に摂取するとオメガ3系脂肪酸とのバランスが崩れてしまうという。

 「『オメガ6系脂肪酸』は本来は人間の身体にとって必要な物質ですが、現代の食生活では、どうしても取り過ぎてしまいます。なるべく加工食品を控え、サバ、アジ、イワシなどの青魚や、ブリ、イカ、サケなどで魚油を摂取するといいですね」

アトピー性皮膚炎に心理療法を! 患者の話を聞くだけで完治したケースも
インタビュー「カウンセリングでアトピーを治す!」第1回:須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)

アトピー性皮膚炎は非常に厄介な病気である――。この不可解なアトピー性皮膚炎の原因として、患者やその家族の心の問題にいち早く着目し、治療に取り入れているのが須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)だ。皮膚の症状と心の問題はどのように関係するのか? 普段の生活でどのような注意をしたらいいのか? 須階医師に話を聞いた。

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志