「下半身」の記事一覧

千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには

東京大学から始まり、慶應大学、近畿大学、そして今、世間を騒がせているのは千葉大学……。 全国の大学で起きている、卑劣きわまりない強制わいせつや集団強姦の事件が、次々と報じられている。 まずは東京大学――。今年5月10日、女子大生を無理やり全裸にして体を触わった東大生…続きを読む

千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには

女性のオルガスムの感覚は十人十色!男性は週3回以上の性交で心臓発作、心筋梗塞が半減

「彼が動きはじめると、彼女の中で突然でどうすることもできないオルガスムが目覚め、奇妙な戦慄が彼女の内側で波紋となって広がっていった」――。 デーヴィッド・ハーバート・ローレンス『チャタレイ夫人の恋人』は、森番の男メラーズと衝動的な情事によって性の歓びに目覚めたチャタレイ…続きを読む

女性のオルガスムの感覚は十人十色!男性は週3回以上の性交で心臓発作、心筋梗塞が半減

性同一性障害の受刑者に適切な医療措置を! ホルモン投与がストップすれば重大な健康被害も

性同一性障害の受刑者や被告に適切な医療措置を(shutterstock.com) 5月24日付けの日本経済新聞によれば、日本精神神経学会とGID(性同一性障害)学会は、矯正施設(刑務所、少年刑務所、拘置所、少年院、少年鑑別所、婦人補導院)に収容されている性同一性障害(Ge…続きを読む

性同一性障害の受刑者に適切な医療措置を! ホルモン投与がストップすれば重大な健康被害も
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太