千葉大医学生も! 有名大で強制わいせつ・強姦事件が続出〜被害者の「セカンドレイプ」を防ぐには

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
417148009.jpg

学生たちの強制わいせつ&強姦事件が続出(shutterstock.com)

 東京大学から始まり、慶應大学、近畿大学、そして今、世間を騒がせているのは千葉大学……。

 全国の大学で起きている、卑劣きわまりない強制わいせつや集団強姦の事件が、次々と報じられている。

 まずは東京大学――。今年5月10日、女子大生を無理やり全裸にして体を触わった東大生5人が、強制わいせつ罪と暴行罪容疑で逮捕された。東京地裁は9月6日、主犯格の同大学4年生・松見謙佑被告(22)に懲役2年を求刑した。

 次に慶應大学――。神奈川県葉山町の合宿施設で9月2日、同大学の広告学研究会の男子学生6人が女子学生(18)に酒を飲ませて酩酊状態にし、性的乱暴を加えたとして、被害届を受けた神奈川県警葉山署は捜査を開始。

 10月4日、慶應大は、88年の歴史を誇る広告学研究会に解散命令を命じた。ちなみに同会は、民放女子アナの登竜門といわれる学園祭のイベント「ミス慶應コンテスト」の主催団体。11月に開催予定だった同コンテストは中止された。

 『週刊文春』やフジテレビ『Mr.サンデー』の報道によれば、加害者の名前は特定されており、そこでは広告研究会の日吉キャンパス代表の「宋」という人物を挙げている。6人のうち2人は未成年のため、逮捕されても実名報道はないと考えられる。

 そして近畿大学――。産經新聞(11月21日付)によれば、大阪府警は、20代女性に大量にシャンパンを飲ませて意識不明の状態に陥らせたうえでわいせつ行為に及んだ、同大学法学部4年生の瀬戸和真容疑者(22)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

千葉大事件では医学生だけでなく指導する立場の研修医まで!

 そして、注目を集めているのが千葉大学医学部の事件だ――。

 毎日新聞 (11月22日付)によると、千葉県警捜査1課は、千葉市内の飲食店内で女子大生に性的暴行を加えた、千葉大学医学部5年の吉元将也(23)、山田兼輔(23)、増田峰登(23)の容疑者3名を集団強姦致傷容疑で、研修医の藤坂悠司容疑者(30)を準強制わいせつ容疑で逮捕した。

 逮捕された医学生らは「酒に酔った勢いに任せてしまった」と供述。学生を指導する立場にある研修医まで犯行に加わっていたというのだから、言語道断である。

 しかも、この飲み会を企画したのが藤坂容疑者だったという報道もあり、「指導医の立場を利用して、学生たちに〝指導〟させた計画的な犯行だったのではないか?」という疑いの目を向けたくもなる。

 千葉大は千葉県警の要請を受け、学生3人と研修医の処分を検討中だ。中谷筆頭理事は「女性を深く傷つけた。人としてあってはならない。深くおわび申し上げる」と陳謝している。

 このようなモラルが欠如した人物が、現役の医師(あるいは医学生)であることに、千葉大医学部ばかりか医療従事者そのものへの不信感も増すというものだ。

眠れなければ、あえて「寝床から出ろ!」~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>
インタビュー「ビジネスパーソンのための睡眠学」第3回 働安全衛生総合研究所・産業疫学研究グループ部長:高橋正也氏

第1回「ビジネスパーソンのための睡眠学〜『4時間でも、ぐっすり眠れば大丈夫』は都市伝説」
第2回「すべての不眠に睡眠薬が効くわけではない~寝付けなければ『睡眠日記』で原因を探れ!」
第3回「眠れなければ、あえて『寝床から出ろ!』~ 良い睡眠を生む<起きている時間の過ごし方>」
勤務時間もプライベートも、パフォーマンスを高く保つために欠かせないのは、なんといっても健全な睡眠である。しかし、いまの日本には、睡眠時間を確保できなかったり、うまく眠れない人があまりにも多すぎる。ビジネスパーソンが正しく睡眠を取るためにはどうすればいいのか?労働安全衛生総合研究所で睡眠を専門に研究する産業疫学研究グループ部長の高橋正也氏に聞いた。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛