「下半身」の記事一覧

【閲覧注意】これが梅毒にかかった手の平! 国内で女性の感染者が激増

新年度早々、厚生労働省は「梅毒の感染者数の増加傾向」に注意喚起を促した。2014年の感染者数が過去10年で最高、10年前の3倍水準という由々しき事態が調査で判明したからだ。 しかも(米国でもみられない)女性層の感染増加が著しいとは……。梅毒は決して「昔の病気」ではない…続きを読む

【閲覧注意】これが梅毒にかかった手の平! 国内で女性の感染者が激増

LINEメッセージ「1日400回」はSNS依存症!? “ゲス不倫”で議員辞職の宮崎謙介は依存体質か!?

騒動の蔭にSNSあり。しかも最多で1日400回の書き込みとなれば、SNS依存症の疑いも濃厚か――。一連の不倫騒動で議員辞職に追い込まれた宮崎謙介氏(35)のしくじり例だ。 朝の挨拶から始まり、多い日には1日400回も恋情を打ち込んで送信してきたという宮崎氏。その内情が明…続きを読む

LINEメッセージ「1日400回」はSNS依存症!? “ゲス不倫”で議員辞職の宮崎謙介は依存体質か!?

世界初「ペニス移植手術」に成功! 南アでは毎年約250人がペニスを切除!?

2015年3月、「南アで世界初のペニスの移植手術、成功!」のニュースが世界を駆け巡った。 3月13日に発表されたリリースによると、2014年12月11日、ステレンボッシュ大学泌尿器科のアンドレ・ファンデルメルベ教授とタイガーバーグ病院の医療チームは、割礼による感染症が原…続きを読む

世界初「ペニス移植手術」に成功! 南アでは毎年約250人がペニスを切除!?
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆