「大きな胸を小さく見せるブラ」が大人気! 巨乳は女性らしさの象徴?それとも太って見える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kyonyu.jpgワコールの「大きな胸を小さく見せるブラ」が大ヒット(画像はワコールのHPより)

 ワコールが販売している「大きな胸を小さく見せるブラ」が大ヒットを飛ばしている。 2010年4月、インターネットで限定販売され、2000枚を完売。追加販売の6000枚も瞬く間に完売。このウルトラヒットに気を良くして、2011年9月からネット限定販売を再スタートした。

 ワコールウェブストアの販売集計では、累計16万4000枚(2010年4月~2016年2月)。2016年上半期の「人気ブラジャーランキング」の堂々トップだ。

 なぜ大ブレークしているのだろう?

 商品化の前にワコールが行ったアンケート調査によれば、「バストをコンパクトに見せたい」と答えた人が10.7%。販売後に実施した「ブラに求める機能は?」というアンケートでは、「バストを小さく見せたい」と答えた人が18%だった。

 「大きな胸を小さく見せるブラ」は、大きな胸を小さく見せたいと悩んでいた女性のためのブラジャーだ。カップには厚みを抑えた不織布を使用したり、控えめのボリューム感を出したりしている。小花刺繍をあしらって愛らしいカラーバリエーションも出色。ヒットの理由は明白だ。

 だが、男性の常識的な視点に立てば、圧倒的なニーズは「バストを大きく見せたい」のはずだ。女性は女性らしく見られたいと思っている。そう多くの男性は思い込んでいるからだ。

 しかし、実態はまるで違う。

 バストが大きいと太って見える。シャツのボタンの間に隙間ができる。女性らしさよりも、一人の人間として見られたい。小さなブラジャーを着けて、動きを軽快にしたい。小さく見せるだけでなく、脇をすっきりさせた機能性やデザインも欲しい……。

 どうだろう、これが女性たちの偽りのないホンネなのだ。このような切実な願望を抱いている女性が多い現実を男性は気づいてない。常識や思い込みの陰に隠れて見えない、女性の根強い願望に驚いてしまうばかりだ。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆