「ドラッグ」の記事一覧

危険ドラッグは下火になったが、依存者の治療・ケアが深刻な課題として残る

覚醒剤依存症となったプロ野球の元スター選手・清原和博容疑者は、野球で獲得した輝かしい名声のみならず、家庭を崩壊させ、心身ともに健康を損なって、転落の人生を歩んでしまった。そして、「俺が清原に覚醒剤渡した」と証言し、2006年10月、覚醒剤取締法違反の疑いで逮捕、懲役1年6月…続きを読む

危険ドラッグは下火になったが、依存者の治療・ケアが深刻な課題として残る

尿の薬物検査で発覚した清原和博の薬物依存〜使用履歴がすべて暴露される検査とは?

2月2日、警視庁は、元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。東京警察病院で清原容疑者から採尿し、鑑定したところ、覚せい剤の陽性反応を確認。逮捕直前の1週間以内に覚せい剤を摂取したと判断した。覚せい剤の陽性反応を調べるのが、薬物検査だ…続きを読む

尿の薬物検査で発覚した清原和博の薬物依存〜使用履歴がすべて暴露される検査とは?

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?

行政機関や警察などによる「ヘッドショップ」の取り締まり強化が功を奏して、最近、危険ドラッグに手を染める者は減少したかのように見える。しかし、危険ドラッグの販売は、インターネットによるものがが主流となりはじめている。化学構造式の一部を変換することによって、より強力な危険ドラッ…続きを読む

危険ドラッグ患者を診察した際、医師は警察や行政機関に通報すべきか?
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇