「ドラッグ」の記事一覧

人格喪失、家庭崩壊、社会的破綻、やがて絶望死! 人生を闇に葬る「アルコール依存症」の恐怖

このシリーズでは長期間・大量の飲酒習慣の恐ろしさを繰り返し強調してきた。 だが、酒飲みが酒に執着し、依存するのはなぜか? 単に衝動的な欲求に駆られれて酒の誘惑に負けたのだろうか? 他人の顔色をうかがわなければ不安になる過剰なストレスや強迫観念、対人関係に囚われすぎて折れ…続きを読む

人格喪失、家庭崩壊、社会的破綻、やがて絶望死! 人生を闇に葬る「アルコール依存症」の恐怖

最悪は死に至ることも! "麻薬成分"フェンシクリジン(PCP)を含む危険ドラッグの恐怖

最近の危険ドラッグには、各種の麻薬成分が含まれていることが数多く認められるようになった。それに伴い、危険ドラッグ中毒患者の重症化、時には死に至るケースも報告されている。また、常用することで依存症に陥ることも問題視されており、長期間の精神科的治療やケアを要する症例も増加してい…続きを読む

最悪は死に至ることも!

酒井法子の覚せい剤事件 証拠はガラスパイプの唾液と毛髪だった

「被告人を懲役1年6カ月に処す。この裁判が確定した日から、3年間、その刑の執行を猶予する。東京地方検察庁で保管中の覚醒剤を没収する」 2009年11月、酒井法子は、覚醒剤取締法違反の有罪判決を受ける。控訴しなかったため、刑は確定した。 起訴状によると、酒井は2009…続きを読む

酒井法子の覚せい剤事件 証拠はガラスパイプの唾液と毛髪だった
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真