「ドラッグ」の記事一覧

家族が覚せい剤を使っていたら……高知東生の「これで薬をやめられる」は本心

ASKAや清原和博、高知東生、先日も女優の高樹沙耶が大麻所持の疑いで逮捕され、薬物問題の裾野の広さがあらためて明らかになった。私たちは薬物という問題にどう向きあえばいいのか。 「薬物依存は慢性疾患」であると提唱する国立精神・神経医療研究センター・薬物依存研究部部長で薬物…続きを読む

家族が覚せい剤を使っていたら……高知東生の「これで薬をやめられる」は本心

高樹沙耶の大麻所持逮捕!鳥取では「大麻で町おこし」偽装?「医療大麻推進」と「取締法の盲点」!

10月に起きた2つの「大麻騒動」。その顛末を見ていこう――。高樹沙耶ら3人を大麻所持容疑で逮捕 まず、高樹沙耶容疑者の医療大麻事件からだ。厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は、沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻数10gを隠し持っていた元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑…続きを読む

高樹沙耶の大麻所持逮捕!鳥取では「大麻で町おこし」偽装?「医療大麻推進」と「取締法の盲点」! 

日本は大麻に対する理解が遅れている! 「大麻=薬物乱用=悪」という思考停止の呪縛からの解放を

大麻は、公衆衛生上の害が心配される植物です。そのせいで、大麻と聞いただけで、大麻=薬物乱用=悪と思考を停止してしまうのが現在の多くの日本人の現実かもしれません。 しかし、以前、MRICで大麻の医療利用の不合理を指摘したところ、たくさんの反響をいただくことができました。そ…続きを読む

日本は大麻に対する理解が遅れている! 「大麻=薬物乱用=悪」という思考停止の呪縛からの解放を
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇