連載「恐ろしい危険ドラッグ中毒」第49回

姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
姿や形を変えて「覚醒剤」や「大麻」が社会に広く深く蔓延している! の画像1

マリファナの主成分を煮詰めた大麻リキッドも蔓延(depositphotos.com)

 飲料物に覚醒剤を混入して事件を誘発させる、極めて悪質なケースが多発している――。

 我が国では、いわゆる「紀州のドンファン」として名を馳せていた高齢男性が、何らかの飲み物に混入された大量の覚醒剤で急性中毒死した事件が世間を騒がせている。被害者には覚醒剤の使用時に認められる注射痕がなかったため、飲料物に含有された覚醒剤が中毒起因物質として浮上。事件の真相は、未解明のままだ。

 同じく最近、メキシコで、覚醒剤が混入された清涼飲料7up(セブンアップ)を飲んだ8人のうち1人が死亡するという事件が発生した。後日、セブンアップの成分分析を行ったところ、強力な中枢神経興奮作用を有する覚醒剤「メタンフェタミン」が検出。メタンフェタミンは、口腔内や食道を刺激して嘔吐を誘発。さらに、頻脈や呼吸苦などを訴え、呼吸循環不全を呈して、重症例では死に至ることもある。覚醒剤の混入経路は謎に包まれたままで、旅行者や周辺住人に多大な恐怖を与えている。

 飲み物に混入された覚醒剤などの有毒物質による被害を未然に防ぐことは、極めて困難だ。飲む前にパッケージが完全密閉されているかを確認したり、変なニオイや味がしたら飲むのをやめて、直ちに廃棄すべきであろう。 

大麻リキッドが蔓延

 大麻リキッドとは、マリファナの主成分であるTHC(テトラヒドロカンナビノイド)を煮詰めて抽出した茶色い液体である。我が国で自生するする大麻のTHCの濃度は1%程度だが、大麻リキッドの中には実に70%を超す製品も存在する。

 吸引には電子タバコが用いられ、大麻草のようなニオイもほとんどないため、その使用が周囲に発覚される可能性が低い。また、その作用は、乾燥大麻と同様、脳神経細胞を刺激して、多幸感、高揚感を得ることができる。頻回に利用すると、覚醒剤と同様、深刻な依存症に陥るケースも認められる。

 大麻リキッドは、米国ではカリフォルニア州をはじめ合法化されている州が多い。違法薬物ではないため、現地では容易に入手可能だ。しかし我が国では、大麻取締法などにより、国内への持ち込みが禁止されている。近年、ある有名なヒップホップミュージシャンが、大量の乾燥大麻とともに大麻リキッドも不法所持していたとの罪で逮捕されている。

横山隆(よこやま・たかし)

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリニカルトキシコロジスト、日本腎臓学会および日本透析学会専門医、指導医。
1977年、札幌医科大学卒、青森県立病院、国立西札幌病院、東京女子医科大学腎臓病総合医療センター助手、札幌徳洲会病院腎臓内科部長、札幌東徳洲会病院腎臓内科・血液浄化センター長などを経て、2014年より札幌中央病院腎臓内科・透析センター長などをへて現職。
専門領域:急性薬物中毒患者の治療特に急性血液浄化療法、透析療法および急性、慢性腎臓病患者の治療。
所属学会:日本中毒学会、日本腎臓学会、日本透析医学会、日本内科学会、日本小児科学会、日本アフェレシス学会、日本急性血液浄化学会、国際腎臓学会、米国腎臓学会、欧州透析移植学会など。

横山隆の記事一覧

横山隆
脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆