なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜマリファナ(大麻)常用者は「セックスの頻度が20%も高い」のか?の画像1

マリファナ常用者は性豪!(depositphotos.com)

 米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らの研究チームは、米国の男女5万人以上のデータを分析したところ、Pothead(マリファナ常用者)は、非使用者よりも性交の頻度が有意に高く、マリファナを常用しても性機能は損なわれないとする研究成果を『Journal of Sexual Medicine」』11月号に発表した。

 発表によると、Eisenberg氏らは米疾病対策センター(CDC)が実施した全国調査(National Survey of Family Growth;NSFG)に参加した25~45歳の男性2万2943人(平均年齢29.5歳)と女性2万8176人(平均年齢29.9歳)のデータを分析した。この調査データにはマリファナの使用と性交の頻度に関するデータも含まれている。

マリファナ常用者は非使用者よりも性交の頻度が20%も高い

 その結果、男性の24.5%、女性の14.5%に、マリファナを使用した経験があったが、マリファナを毎日使用している男女は、全く使用しない男女よりも性交の頻度が20%高かった。

 具体的な頻度としては、過去1年間に1度もマリファナを使用していない女性は、過去4週間の性交の回数が平均6.0回だったが、毎日マリファナを使用している女性は平均7.1回だった。

 また、男性のマリファナの非使用者は、過去4週間の性交の回数が5.6回だったが、常用者は6.9回だった。この関連性は、年齢層、婚姻状態、学歴などに関係しなかった。

 この研究はマリファナの使用がよりアクティブな性生活をもたらす事実の証明ではない。ただし、動物実験によって脳の「カンナビノイド受容体」への刺激が性的興奮や性行動を促す事実や、ヒトの脳のMRIスキャンによってマリファナの使用が満足感や性的興奮に関連した脳領域を活性化させる事実が示されている。

米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し29州で合法化

 米国立薬物乱用研究所(NIDA)によると、米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し、29州で医療用または嗜好用としてマリファナの使用が合法化されている。

 Eisenberg氏は「マリファナが勃起障害の主原因ではないかと尋ねる患者が増えているが、患者に適切な助言ができなかった。ただ、さらなる研究を検証しなければ、患者に催淫薬としてのマリファナを安直に勧められない」と話している。

 マリファナ常用者は、ベッドでも酩酊状態となるため良い性生活は期待できない。その俗説が真実なのか、虚偽なのかは、諸説があるので、判然としない。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛