なぜマリファナ(大麻)常用者は非使用者よりも「セックスの頻度が20%も高い」のか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜマリファナ(大麻)常用者は「セックスの頻度が20%も高い」のか?の画像1

マリファナ常用者は性豪!(depositphotos.com)

 米スタンフォード大学泌尿器科学のMichael Eisenberg氏らの研究チームは、米国の男女5万人以上のデータを分析したところ、Pothead(マリファナ常用者)は、非使用者よりも性交の頻度が有意に高く、マリファナを常用しても性機能は損なわれないとする研究成果を『Journal of Sexual Medicine」』11月号に発表した。

 発表によると、Eisenberg氏らは米疾病対策センター(CDC)が実施した全国調査(National Survey of Family Growth;NSFG)に参加した25~45歳の男性2万2943人(平均年齢29.5歳)と女性2万8176人(平均年齢29.9歳)のデータを分析した。この調査データにはマリファナの使用と性交の頻度に関するデータも含まれている。

マリファナ常用者は非使用者よりも性交の頻度が20%も高い

 その結果、男性の24.5%、女性の14.5%に、マリファナを使用した経験があったが、マリファナを毎日使用している男女は、全く使用しない男女よりも性交の頻度が20%高かった。

 具体的な頻度としては、過去1年間に1度もマリファナを使用していない女性は、過去4週間の性交の回数が平均6.0回だったが、毎日マリファナを使用している女性は平均7.1回だった。

 また、男性のマリファナの非使用者は、過去4週間の性交の回数が5.6回だったが、常用者は6.9回だった。この関連性は、年齢層、婚姻状態、学歴などに関係しなかった。

 この研究はマリファナの使用がよりアクティブな性生活をもたらす事実の証明ではない。ただし、動物実験によって脳の「カンナビノイド受容体」への刺激が性的興奮や性行動を促す事実や、ヒトの脳のMRIスキャンによってマリファナの使用が満足感や性的興奮に関連した脳領域を活性化させる事実が示されている。

米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し29州で合法化

 米国立薬物乱用研究所(NIDA)によると、米国の200万人以上の成人がマリファナを使用し、29州で医療用または嗜好用としてマリファナの使用が合法化されている。

 Eisenberg氏は「マリファナが勃起障害の主原因ではないかと尋ねる患者が増えているが、患者に適切な助言ができなかった。ただ、さらなる研究を検証しなければ、患者に催淫薬としてのマリファナを安直に勧められない」と話している。

 マリファナ常用者は、ベッドでも酩酊状態となるため良い性生活は期待できない。その俗説が真実なのか、虚偽なのかは、諸説があるので、判然としない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆