20代、30代から衰えは始まる! 将来寝たきりにならないために「ロコモ度」をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kaidantesuri.jpg

階段をスムーズに昇り降りできなくなったら要注意!shutterstock.com

 最近、階段の上りで手すりをつかんでしまう。よく家の中で滑ったりつまずいたりするようになった――。

 そんな人は、年齢に関わらず「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」が進行している可能性があるので要注意だ。ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など、身体を動かす「運動器」の障害によって「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のこと。進行すると日常生活に支障が生じ、要介護や寝たきりになるリスクが高まる。

 日本整形外科学会は、超高齢社会・日本の未来を見据えて、2007年にこのロコモという概念を提唱した。今は予備軍を含めると、4700 万人にロコモの危険性があると言われている。2025 年には、いわゆる団塊世代が75歳を超え、国民の5 人に1人が後期高齢者になると推計される。運動器を長持ちさせるためのロコモ対策は、今やわが国の最重要課題なのだ。

3つのテストで簡単にロコモを判定

 日本整形外科学会では今年5月、ロコモの進行具合をチェックする新たな判定法を発表した。2013年に発表していた「ロコモ度テスト」をベースにして、「ロコモ度1」「ロコモ度2」の2段階に自分が該当するかどうかをチェックし、ケアや医師への受診に役立てて欲しいというものだ(https://locomo-joa.jp)。

 次の3つのテストによって「ロコモ度」を判定する。いずれも時間がかからず簡単なので、仕事の合間にでもぜひチャレンジして欲しい。

①立ち上がりテスト
 腕を組んで高さ40㎝の台(低めのイス)に浅く座り、反動をつけずに片足で立ち上がって3秒間静止する。左右両足ともできれば合格。できた人は高さ30㎝(低めのソファーや階段)、20㎝(足台など)と、台を10㎝ずつ低くして挑戦するとよい。片足ができなかった人は、両足で同様に台を低くしていく。

判定:高さ40㎝の台からどちらか一方の足で立ち上がれなければ「ロコモ度1」
   20㎝の台から両足で立ち上がれなければ「ロコモ度2」

②2ステップテスト
 まっすぐ立った姿勢から思い切り大股で2歩歩き、距離を測定して身長で割った「2ステップ値」を出す。2回行い、良かった方の記録を採用する。

判定:2ステップ値が1.3未満なら「ロコモ度1」
   2ステップ値が1.1未満なら「ロコモ度2」

③ロコモ25
 サイト内にある、普段の生活に関わる25の質問(https://locomo-joa.jp)に答え、その選択肢の合計点数で運動器に関わる身体・生活状況を評価する。

判定:7点以上で「ロコモ度1」
   16点以上で「ロコモ度2」

20代、30代から知らず知らずのうちに低下!

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆