20代、30代から衰えは始まる! 将来寝たきりにならないために「ロコモ度」をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kaidantesuri.jpg

階段をスムーズに昇り降りできなくなったら要注意!shutterstock.com

 最近、階段の上りで手すりをつかんでしまう。よく家の中で滑ったりつまずいたりするようになった――。

 そんな人は、年齢に関わらず「ロコモティブシンドローム(以下ロコモ)」が進行している可能性があるので要注意だ。ロコモとは、筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板など、身体を動かす「運動器」の障害によって「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態のこと。進行すると日常生活に支障が生じ、要介護や寝たきりになるリスクが高まる。

 日本整形外科学会は、超高齢社会・日本の未来を見据えて、2007年にこのロコモという概念を提唱した。今は予備軍を含めると、4700 万人にロコモの危険性があると言われている。2025 年には、いわゆる団塊世代が75歳を超え、国民の5 人に1人が後期高齢者になると推計される。運動器を長持ちさせるためのロコモ対策は、今やわが国の最重要課題なのだ。

3つのテストで簡単にロコモを判定

 日本整形外科学会では今年5月、ロコモの進行具合をチェックする新たな判定法を発表した。2013年に発表していた「ロコモ度テスト」をベースにして、「ロコモ度1」「ロコモ度2」の2段階に自分が該当するかどうかをチェックし、ケアや医師への受診に役立てて欲しいというものだ(https://locomo-joa.jp)。

 次の3つのテストによって「ロコモ度」を判定する。いずれも時間がかからず簡単なので、仕事の合間にでもぜひチャレンジして欲しい。

①立ち上がりテスト
 腕を組んで高さ40㎝の台(低めのイス)に浅く座り、反動をつけずに片足で立ち上がって3秒間静止する。左右両足ともできれば合格。できた人は高さ30㎝(低めのソファーや階段)、20㎝(足台など)と、台を10㎝ずつ低くして挑戦するとよい。片足ができなかった人は、両足で同様に台を低くしていく。

判定:高さ40㎝の台からどちらか一方の足で立ち上がれなければ「ロコモ度1」
   20㎝の台から両足で立ち上がれなければ「ロコモ度2」

②2ステップテスト
 まっすぐ立った姿勢から思い切り大股で2歩歩き、距離を測定して身長で割った「2ステップ値」を出す。2回行い、良かった方の記録を採用する。

判定:2ステップ値が1.3未満なら「ロコモ度1」
   2ステップ値が1.1未満なら「ロコモ度2」

③ロコモ25
 サイト内にある、普段の生活に関わる25の質問(https://locomo-joa.jp)に答え、その選択肢の合計点数で運動器に関わる身体・生活状況を評価する。

判定:7点以上で「ロコモ度1」
   16点以上で「ロコモ度2」

20代、30代から知らず知らずのうちに低下!

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫
女性の「薄毛」は20〜30代から進行! 頭部全体の毛髪が薄くなる「びまん性薄毛」の原因は?
インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第1回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

薄毛で悩む女性といえば、つい最近まで中高年だった。ところがここ10年ぐらいの間に20~30代女性も増えているという。原因はストレスや過度のダイエットによるバランスの崩れなど。そのため生活全般の見直しも必要になっている。女性の薄毛の原因となりやすい人の傾向、病状による治療や最新治療を、銀座HSクリニックの北島渉先生に訊いた。