立っている時間は「2時間以上」で「5時間未満」が健康にはベスト?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立っている時間は「2時間以上で5時間未満」が健康にはベスト?の画像1

座るな、立ち上がれ! wavebreakmedia/PIXTA(ピクスタ)

 デスクワークに追われることの多い現代人。肩こり、腰痛、運動不足など、座りっぱなしのデメリットは以前から指摘されている。最新の医学研究のなかには、「座り続けること自体が人間の寿命を縮める可能性がある」ことまで示す論文が発表されるほどだ。

 当サイトでも、これまで次のような記事を紹介してきた。
●座る時間が長いと寿命が縮む?「座っている時間」と「寿命」の関係が明らかに
●長時間のデスクワークは危険? 女性の"座り過ぎ"と乳がんリスクの関連性が明らかに
●座りっぱなしのデスクワーカーに朗報! 1時間毎に2分歩けば"長生き率"が33%UP!

 一方で、「デスクワークは健康によくないが、立ち仕事でも問題が生じるかもしれない」、そんな研究内容が『Human Factors』(オンライン版・6月5日)に掲載された、スイス連邦工科大学(ETH)チューリヒ校のMaria-Gabriela Garcia氏らによると、「1日5時間立っていると慢性的で強い下肢筋肉の疲労につながり、長期的な腰痛・筋骨格障害のリスクが高まる可能性がある」という。

"動的な動き"で慢性疲労が軽減される?

 Garcia氏らによれば、全世界の労働者のほぼ半数は1日の4分の3以上"立っている"。今回の研究の対象者は、男性14人、女性12人(半数が18~30歳、50~65歳)。神経障害や筋骨格障害の病歴はなく、試験前日の激しい運動は控えてもらった。

 製造工場のシフトを再現し、対象者全員に軽作業を行ってもらった。作業台で5時間立ち、複数回の5分間の休憩と30分の昼食休憩を設けた。

 姿勢の安定と脚筋の応力(「筋収縮力」として定量)をモニターし、対象者に不快感を報告してもらったところ、年齢・性別にかかわらず、作業日の終了時に著しい疲労を感じていたという。また、実際に緊張を感じているかどうかにかかわらず、立ち時間終了後30分以上、筋疲労の明らかな徴候がみられた。

 今回の研究は小規模でごく限られた期間であるため、長時間の立ち仕事が健康を害することは証明していない。Garcia氏は、「定期的なストレッチ運動や決まった休憩、仕事のローテーション、より動的な動作を取り入れることで、慢性疲労の影響は軽減される可能性がある」という。

ウエストが気になるなら「座るな、立ち上がれ」!

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔