「ドラマ・映画」の記事一覧

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

緑風薫る5月は同時に「五月病」の季節でもあるが、本当に深刻なのは「生徒」よりも「先生」の健康状態かもしれない……。 4月28日の時事通信の記事によると、文部科学省は同日、2016年度の公立小中学校の勤務実態調査の速報値を公表。その結果は、教員の勤務の過酷さを、データとし…続きを読む

「五月病」は生徒より教師が深刻!「精神疾患」で5000人以上が教育現場をバーンアウト

ノーベル賞にもノミネートの病理学者・山極勝三郎〜評伝映画が遠藤憲一主演で現在公開中

コワモテの悪役、芸歴33年、ニックネーム「エンケン」こと俳優・遠藤憲一さん(55)が主演する映画『うさぎ追いし 山極勝三郎物語』(近藤明男監督)が12月17日から東京・有楽町スバル座などで全国公開されている。 人工がん研究の世界屈指のパオオニアで、ノーベル賞候補にもノミ…続きを読む

ノーベル賞にもノミネートの病理学者・山極勝三郎〜評伝映画が遠藤憲一主演で現在公開中

残暑も吹き飛ぶエグい人体神秘&スプラッター映画8選 夏~秋の医学映画祭2016

残暑が厳しい今年の夏。子供の頃、学校の理科室に行くと、なぜか涼しい感じがしたものだ。消毒液の臭いが病院を思い出させ、ふと夏の暑さを忘れさせたのだろうか? そこで連想されるのは、歯医者で歯を抜かれるときの痛みへの恐怖か? あるいは予防接種の順番待ちの嫌な気分か? 学校に保…続きを読む

残暑も吹き飛ぶエグい人体神秘&スプラッター映画8選 夏~秋の医学映画祭2016 
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆