「ドラマ・映画」の記事一覧

アルツハイマー型認知症に襲われた大学教授を熱演したジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞

2月22日(日本時間23日)、第87回アカデミー賞の授賞式がアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた。主演女優賞に選ばれたのは、『アリスのままで/Still Alice』(リチャード・グラツァー/ウォッシュ・ウエストモアランド共同監督)で、アルツハイマー型認知…続きを読む

アルツハイマー型認知症に襲われた大学教授を熱演したジュリアン・ムーアがアカデミー賞主演女優賞

封切り前情報 『ハイヒールの男』 女性の心を持つ"最強の男"の葛藤を描く、異色の韓国ノワール

二つの性の狭間に生きる苦悩 精悍なマスク、完璧な肉体、並外れた強さを持つ刑事ユン・ジウク。その暴力性から犯罪組織のボスからも恐れられる存在だ。しかし、彼は大きな秘密を抱えている。それは「女性になりたい」という願いを持っていることだった。 物語はジウクが組織の会合場所に…続きを読む

封切り前情報 『ハイヒールの男』 女性の心を持つ

映画『アウトブレイク』はエボラ出血熱の流行を20年前に予言していた

●時に現実は過去の映画を再現する 2013年12月、ギニアでの集団発生に端を発し、アフリカ大陸のみならず、ヨーロッパやアメリカにも感染が拡大しているエボラ出血熱。この致死率の極めて高いウイルスをモデルにした映画が、今から20年も前に作られていた。 ダスティン・ホフマ…続きを読む

映画『アウトブレイク』はエボラ出血熱の流行を20年前に予言していた
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔