「ドラマ・映画」の記事一覧

『ブラックペアン』 患者が母親でも二宮和也の手術はまったくぶれない!

今回、渡海先生(二宮和也)の母親が患者となって話が進みました。毎回おいしいお米を送ってきていた母親ですね。その母親の病気は左房粘液種。しかも左房の肺静脈に取り残した腫瘍。そして和解金2000万の要求!突然の患者サイドとしてもぶれないニノの2000万の賠償金請求に思わず吹き出…続きを読む

『ブラックペアン』 患者が母親でも二宮和也の手術はまったくぶれない!

『ブラックペアン』で天才外科医演じる二宮和也の「オペ室の悪魔」っぷりに注目!!

また大学病院、癒着、医者のエゴ、権力闘争など、医療の黒い部分を容易に想像させる医療ドラマ『ブラックペアン』(TBS,日曜ドラマ)が始まりました! ジャニーズいち演技派、ニノ(二宮和也)が主演となればさらに期待度アップです。研修医は今を時めく?竹内涼真君ですが、何よりも佐…続きを読む

『ブラックペアン』で天才外科医演じる二宮和也の「オペ室の悪魔」っぷりに注目!!

「科捜研の女」放送200回 科学捜査に信念とプライドを燃やす沢口靖子の怪演

サスペンスドラマシリーズ「科捜研の女」が3月15日の放送で通算200回を迎える。 1999年10月にスタートし、現在シーズン17に突入、「相棒(主演/水谷豊)のシーズン16と並走し、放送中のドラマの最長寿シリーズだ。刑事ドラマ「はぐれ刑事純情派」(主演/藤田まこと)の史…続きを読む

「科捜研の女」放送200回 科学捜査に信念とプライドを燃やす沢口靖子の怪演
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇