「ドラマ・映画」の記事一覧

小泉孝太郎主演『死の臓器』に登場する臓器ブローカーをはるかにしのぐ国家的臓器売買に世界が注目!?

WOWOWで連続5回放送の医療サスペンス『死の臓器』には臓器売買をめぐって暗躍するブローカーが登場する。しかし、そんなドラマの内容をはるかにしのぐ国家的な臓器売買の非人道的な現実が日本のすぐ近くにある。 第74回ピーボディ賞の授賞式が5月31日にニューヨークで行われ、ド…続きを読む

小泉孝太郎主演『死の臓器』に登場する臓器ブローカーをはるかにしのぐ国家的臓器売買に世界が注目!?

「右と左がわからない!」「計算が大の苦手!」 Dr倫太郎、堺雅人の発言が話題に!

4月にスタートする日本テレビのドラマ『Dr.倫太郎』は、傷ついた患者の心にとことん寄り添うことで、病める心を解きほぐす精神科医、日野倫太郎(堺雅人)が主人公。世間の評判も良く、多くの著作やテレビ出演で名を馳せている医師という設定だ。この倫太郎役の俳優の堺雅人が、最近のトーク…続きを読む

「右と左がわからない!」「計算が大の苦手!」 Dr倫太郎、堺雅人の発言が話題に!

究極のケア・ロボットとして見たいアカデミー賞・長編アニメーション賞受賞の『ベイマックス』

先日、受賞作が発表された第87回アカデミー賞。長編アニメ部門に高畑勲監督の『かぐや姫の物語』がノミネートされ注目を集めたが、惜しくも落選。受賞作はドン・ホール監督の『ベイマックス』。心優しいケア・ロボットと孤独な少年の絆を描いた冒険物語だ。日本でも昨年12月に全国540スク…続きを読む

究極のケア・ロボットとして見たいアカデミー賞・長編アニメーション賞受賞の『ベイマックス』
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆