新ビジネス「レンタルフレンド」に見る心の障害とは? 増え続ける「コミュ障」という現代の病

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
87041992-2.jpg

友だちはいますか?(shutterstock.com)

 「レンタルフレンド」なるビジネスが話題を呼んでいる。文字通り「友だち」を「レンタル」してくれるサービスだ。今のところ、東京を中心にじんわりと展開されている。

 友だちがいれば友だちを借りる必要はないわけだから、時間単位でレンタル料を払って友だちになってもらうというのは、「ぼっち」時代ならではのビジネスといえるだろう。

 海外にも、慣れない旅先でプロのガイドではなく友だち感覚で地元を案内してもらえる「ローカルフレンド」というサービスはある。実際、東京の土地に不慣れな旅行中の外国人が、このレンタルフレンドをローカルフレンドとして利用することがあるようだ。

 しかし、レンタルフレンドの主目的は、そうではなさそうだ。一緒に食事に行ったり、買い物をしたり、カラオケに行ったり、そんな日常の一コマで友だち付き合いをしてくれる。

 あるいは、本当の友だちには言いづらいことを話したり頼んだり、一人では心細いからちょっと一緒に行ってほしい、手伝ってほしいといった依頼もある。中には、自分の結婚式に友だちとして参列してほしいというケースもあるようだ。

 これらは、彼女や彼氏の代行でもないし、デリヘルなどの性風俗とも違う。求められるのは、他者の存在であり、心の交流だ。

 実際にレンタルフレンドを使ってみたアメリカ人ライターの記事(オンラインマガジン「クーリエ・ジャポン」6月4日付)によると、レンタルフレンドには「恋には落ちない」「お金の貸し借りはしない」という2つのルールがあるとのことだ。

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘