連載「Universal Jintai Japan(UJJ)=人体迷宮の旅」第2回

【閲覧注意】巨人症骨格、穿頭頭蓋、あらゆる民族の頭蓋骨。ドラマ『BONES』も吹き飛ぶ驚異のコレクション! 「ムター・ミュージアム②」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
slice003.jpg

顔面のスライス標本 画像はモザイク加工をしたもの

 

 世界の医学博物館の先駆として、驚愕の医学標本コレクションを誇る「ムター・ミュージアム」。19世紀半ば、トーマス・デント・ムター博士の個人コレクションの寄贈をきっかけとして始まったものだが、米国フィラデルフィアのダウンタウンの中心地にあり、一般公開されていることから、そのマニアックな展示とは裏腹に、秘かな観光スポットとしても人気を得ている。

 ミュージアムは、フィラデルフィア医師協会の建物内にあり、吹き抜けの2フロアで構成された展示室には、所狭しと医学標本がひしめき、膨大なコレクションには目眩さえ起こしそうなほどだ。木製の展示キャビネットはコレクションの時代性を感じさせるもので、落ち着いた雰囲気が古き医学標本の強烈なグロテスクさを際出させるともいえる。

 もちろん、ここに展示されている標本は、すべて真摯な医学的な目的のために作られ、収集されてきたものばかり。それだけに、150年以上に渡る医学の歴史とその背景にある世相を映し出しているのだ。

 展示物の中でもまず目を引くのが、身長2メートル31センチという巨人症の全身骨格。そのすぐ隣りには、1メートル足らずの軟骨異栄養症の小人の全身骨格が並ぶ。また、「石鹸おばさん(the soap lady)」と呼ばれる標本は、18世紀に黄熱病で亡くなった女性がアルカリ性の土に埋葬されたことから全身の脂肪が石鹸状となってミイラ化している。

<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
インタビュー「自宅や職場からの遠隔診察を可能に」第3回:新六本木クリニック・来田誠院長

第1回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
第2回:通院不要の「オンライン診療」~支払いはクレジット決済、薬は院外処方箋を自宅に配送
第3回:<治療の中断>を減らした「オンライン診療」~会社やカフェからアクセスする患者たち
 「5大疾病」のひとつとされ、もはや誰でもかかりうる病気となった精神疾患。その治療は長い期間にわたることが多いため、通院には負担がかかるのが常だった――。そんな精神科の診療をオンラインで行うことを可能にし、利便性を高めたのが新六本木クリニックだ。

フリーランスの解剖講師。関東・東海地方を中心に看…

前田信吾

理学療法士。日本で理学療法士として勤務した後、豪…

三木貴弘

大阪大学大学院言語文化研究科教授。米国ウィスコン…

杉田米行